交際クラブ TOP

4月, 2022 | 交際クラブ・デートクラブのちょっとためになる話のブログ記事

前のパパと比べないようにする意識は大切

| 恋愛 |

長くパパ活をしていると、さまざまな男性との出会いがあるかと思います。

お手当をとても弾んでくれる男性、お友達のような関係のお相手、相場のお手当を崩さない人などなど。

以前付き合っていた男性のことは脳裏にうかぶもの。

だからと言って「前のパパはこうだったのに」と比べるような発言は、新しく出会った男性に嫌われやすい一言です。

目の前の男性と関係を築こうと思っているのなら、決して言ってはいけない禁句の一言かもしれません。

純粋に「以前はこういう男性と出会ったことがある」という話題ならば、同じパパ活をしている者同士、盛り上がる可能性はあります。

ただ、以前のお相手と比べるような発言であるなら、男性受けは最悪です。

例えば言いがちな言葉としては、「前のパパはデートで〇万円くれてたのに」と、お手当の額を比較すること。

自分はそれほど価値のある女性なんだと言いたいのかもしれませんが、男性としては比べられているようにしか聞こえません。

お相手と普通の恋愛だったとしても、「元カノは〇〇だったよ」と比べられては、嫌な気しかしませんよね。

「パパ活なんだから良いでしょ」と思った女性は、残念ながら男性が求めているポイントが理解できていないかと思います。

男性が交際クラブに求めているのは、女性と疑似恋愛をすること。

パパ活だから、疑似恋愛だから、という言い訳は通用せず、男性は本気と間違うほどの疑似恋愛を体験したいと思っているのです。

残念ながら、恋愛においてもパパ活においても、前のパートナーと比べることは人間関係では御法度でしょう。

「今の男性と関係を築く意思が見えない」

前の男性の話を持ち出すのは、未練があるものだと思われてしまう原因に。

忘れられないのは、「前のパパは良かった」と引きずっている証拠にも思われてしまいます。

前の男性が良かったのであれば、前のお相手との関係を続けるべきです。

新しいお相手との関係を一から作っていこう、二人で話し合っていこうという意識が全く感じられない発言に、男性は辟易してしまいます。

「前のパパは・・・」と言いがちな女性の特徴としては、前のお相手がいわゆる太パパだった方。

そしてそういったお相手としかお付き合いをしていない女性だと、比較対象がいないので、こういった言葉を使いがちになってしまいます。

太パパが、パパ活業界の相場だと勘違いしてしまうのですね。

ですので、パパ活の経験が浅い女性も、こういった比較したような発言が多くなってしまう傾向があるでしょう。

また、前の男性が太パパであれば、その相手に見合う価値を自分は持っているのだ、と勘違いしてしまいやすくなります。

この勘違いが暴走してしまうと、自信過剰や分不相応なプライドに繋がってしまうので、注意が必要です。

パパ活業界は、もはや女性過多の状態。

女性が強気に出ても、「はいそうですか」と関係を切られてお終いになる可能性が高いです。

謙虚な姿勢でいることがパパ活を成功させる秘訣ですので、あくまで目の前のお相手と関係を築いていこうとする意識が大切ですよ。

前の男性のことは、思い出話として胸にしまっておきましょうね。

謙虚な女性にとっては「そんなこと言わないでしょ」と思うような発言かもしれません。

ただ実際にこういった言葉をつい言ってしまうことは、あり得る話。

前の男性がお気に入りだった気持ちもあるかと思いますが、 胸の内に秘めておくのができる女性です。


交際クラブで男性と接する際、自身の胸やお尻を意識する女性も多いはず。

こういった部分を強調して意中の男性にアプローチできるのは、女性の強みですよね。

胸やお尻といった部位は実際に注目する男性も多く、際立たせるような服装であれば思わずクラッときてしまう方もいるはず。

ただ、女性らしいエロスをアプローチできるのは、胸とお尻だけだと思っていませんか。

今回は、胸とお尻以外でアピールできる、女性特有のエロティックな部分をご紹介いたします。

胸やお尻の次に支持する方の多い部分は、うなじです。

うなじは基本的に隠れていることが多いため、それがあらわになる瞬間に「どきっ」と感じる男性が多いのだとか。

日本はチラリズムといった、見えそうで見えない、もしくは確認出来ないものに色気を感じる文化があります。

外国の方もうなじ好きはいるようですが、かなり少数派のようですね。

一方で日本の男性は、多くの方がうなじを支持しています。

文化の違いは面白いですね。

もしうなじを使って男性にアプローチしたいのであれば、基本的にはロングヘアであることが求められます。

ショートヘアからのうなじより、ロングヘアからのうなじの方が、普段見えていない面積が大きい分「どきっ」とするようですよ。

次にご紹介するエロティックな部分は、唇。

唇は「第二の性器」とも呼ばれているのをご存知ですか。

実際の性器と同じく毛細血管が集中している箇所で、こういった場所は人体では唇と性器の二か所だけなんだそうです。

唇がプルプルしていて厚い様を見ると「大人の関係も楽しめそうだな・・」と、直接的なイメージを結び付けてしまう男性がいるほど。

それだけエロティックな部分であるということですね。

ただここでも面白いのは、海外の方には厚い唇が圧倒的に支持されている一方で、日本の男性は薄い唇が好きという方も多いという点です。

薄い唇の方が清楚な感じがして、守ってあげたいという気持ちが起こるのだそう。

とはいえ、プルッとした瑞々しい唇であればエロティックな雰囲気をより纏うことができますので、口紅やグロスのようなアイテムは必要不可欠かもしれませんね。

うなじと唇をアピールしようとしても、ケアされていない状態では意味がありません。

まず、うなじをより綺麗に見せたいのであれば、脱毛や毛の処理は必要になってきます。

「おくれ毛が良い」という意見の男性はいますが、首元まで産毛がふさふさであるのは別問題です。

産毛がしっかりと生えている女性は、お手入れしてみてくださいね。

自分で見づらい部分ではありますので、美容院に行ったときに剃るように頼んでみても良いかもしれません。

また、うなじに求められるものは、白い綺麗な肌。

髪の毛で隠れている部分ですので、日焼け止めを塗り忘れることもあるのではないでしょうか。

同じく、化粧水や乳液での肌の保湿も忘れないように行いたいところです。

顔と同じようなケアを怠らないようにしましょうね。

もちろん、唇のケア方法もしっかりとした保湿が必要です。

普段、他の部分に使っている化粧水や乳液をしっかり塗っても良いのですが、唇専用の美容液というものもあります。

また、化粧水を染み込ませたコットンで唇をパックし、更にサランラップで覆って三~四分放置することも、唇をプルプルにするためには有効な方法です。

週に一度のスペシャルケアとして取り入れるだけでも違いが出ますので、ぜひ試してみてください。

「どきっ」とさせる美しいうなじと唇を手に入れて、交際クラブの男性会員さまたちにアピールしてみましょう。

これからも美しい貴女でありますように。


2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

カテゴリー