交際クラブ TOP

10月, 2018 | 交際クラブ・デートクラブのちょっとためになる話のブログ記事

交際クラブでのお付き合い

| デート, 恋愛 |

交際クラブでご縁があってVIPな男性と出会えたからには、出来るだけ長期的なお付き合いがしたいと考える女性がほとんどではないでしょうか?
しかし、交際クラブで出会ったということは、自分以外にも候補となる女性がいるかもしれないということを念頭に置いた方が良いかもしれません。
数いるライバル女性の中から、自分を一番に選んでもらうためには、具体的にどのようにすれば良いのでしょうか?
まず、一にも十にも大切なことは、女性として常に外見を磨く努力を怠らないことです。
これを意識するとしないとでは、その後のお付き合いが大きく変化すると言っても過言ではありません。
まず、「ありのままの自分を好きになって欲しい」と考え、見た目に関して頓着な女性では交際クラブでは入るお誘いも入りません。
それぐらい見た目を整えるということはとても大切なことなのです。
その理由としては、交際クラブは「写真」、つまりは「容姿」で女性に興味を持つ男性がほとんどです。
性格がどんなに良い子でも、見た目に関して無頓着では写真の時点で、スルーされてしまい、内面の魅力を男性に気付いてもらえないのです。
ただ、美人でなければお誘いがないということでは決してありません。
世の中には生まれ持っての美貌の持ち主もいれば、いわゆる「雰囲気美人」という女性の方がほとんどです。
よくよく見ると顔の造形は大したことがないけれど、肌や髪の毛が美しく、服装も清潔感があり、声が綺麗で言葉使いも丁寧であれば一気に「いい女」に見えるものなのです。
そのような努力や工夫によっていくらでも「いい女」を演出することができるのです。
しかし、あくまでも外見は「きっかけ」であって、特定の男性に愛され続けるには、内面を磨くことも欠かせません。
特に交際クラブの男性は多忙な男性がほとんどのため、女性とは癒しのひと時を楽しみたいと考えています。
女性といることで、気苦労が絶えないようでは一緒にいても意味がないのです。
つまり、愛されるためには男性の負担になってはいけないのです。
そうは分かっていても、好意があるからこそ必要以上に連絡をしてしまったり、束縛してしまうのが女性です。
しかし、それでは男性も疲れてしまい、他の女性に目移りしてしまってもおかしくありません。
「面倒くさい女」の烙印を押されたら最後、関係を解消されてしまうかもしれません。
そうならないためにも、ゆったりとした気持ちで「待つ」心構えが必要と言えるでしょう。
切羽詰まった女性より、余裕のある女性の方が誰から見ても魅力的です。
そして、男性を待っている間に自分磨きに精を出すことでもっともっと男性から愛される女性になるはずです。
もし、交際クラブで出会ったVIPな男性となかなか長期的なお付き合いに発展しない、特別な存在になれないと嘆いている女性がいらっしゃいましたら、是非参考にしていただけましたら幸いです。


2018年10月
« 7月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー