交際クラブ TOP

5月, 2021 | 交際クラブ・デートクラブのちょっとためになる話のブログ記事

年齢を重ねた富裕層の男性には、恋愛経験が多い方もいるでしょう。

男性の心理として、より多くの女性とのお付き合いを望む傾向があります。

そのため、複数の女性と並行してお付き合いをしているという男性もいるかもしれません。

また、すでに結婚しており、パートナーがいるというケースもありえます。

それでもやはり想いが断ち切れない…そんな時は、割り切った関係でのお付き合いをしなければならなくなるかもしれません。

とはいえお付き合いするのであれば、自分のことをしっかりと見て欲しいと思うのが本音でしょう。

割り切った関係だけで終わらないようにするためには、お相手にとって貴女がかけがえのない存在になる必要があります。

男性にとってかけがえのない女性になるためには、お相手に貴女とのお付き合いを「面倒」だと感じさせないことが重要です。

だからといって「都合がよい女」にならないことも大切。

パパ活をしていると、どうしてもお相手にとって都合がよい女になろうとしがちです。

ですが、好きな相手に対しての気持ちは日によって温度差がでてきます。

大人の関係を求められても、その気分ではない時はきちんと断る。

その逆もまた然り…。

自然体でお互いの願望を受け入れ、無理なく叶えられることがベストです。

お互いの気持ちをしっかりと尊重し合い、適度な距離感が維持できる関係性を保つことが、富裕層の年上の男性とのお付き合いでは大切なポイントになってきます。

踏み込んでもらいたい部分、逆に踏み込んではいけない部分をしっかりと切り分けましょう。

ある程度経済力があり、さらに人生経験が豊富な年上の男性は、同年代の男性に比べると包容力もあります。

そのため、どうしてもお相手に依存することも増えてくるのではないでしょうか。

ですが、依存が強まるとお相手は「面倒」と感じるようになります。

男性に頼りすぎず、ある程度の自立した女性であることも忘れてはなりません。

また、相手に甘えることやかわいらしさをアピールすることも大切ですが、一人の大人の女性として自立しているうえでの甘えであることが必要です。

そうでなければ富裕層の年上男性にとっては「自分にとって都合がよい女の子」「大人の関係を求めてもよい存在」など…割り切った関係で構わない相手と思われてしまいます。

もちろんパパ活においては、むしろその方がお互いにとって都合が良いというパターンもあるでしょう。

大切なのは、お互いのニーズを汲み取り尊重し合うこと。

それができれば、パパ活も恋愛もうまくいくはずですよ。


世の中には男性から大切に扱われる女性がいますよね。

彼女たちには一体どのような特徴があるのでしょうか。

「パパから大切に扱われたい。でもどうしたらいいかわからない。」

そんな人は必読です。

もう傷つかない!-1

愛される女性は、自分の気持ちに正直に生きています。

正直で素直な人というのは、空気を読まずに自分の気持ちを発するのではなく、相手のことも考えて発言してくれます。

逆も同じで、アドバイスをすれば素直に受け入れてくれますし、とても柔らかく穏やかなので大切にしたいと思う男性は多いでしょう。

パパに素直になれない方は少しずつ自分の気持ちを伝えてみてください。


また、どんな些細なことでもしっかりと感謝を伝えられる人は、周囲からも好かれます。

もちろん人を選んで態度を変えている場合などは問題ですが、基本的には誰にでも分け隔てなく接することができる印象をもちますよね。

そして、そんな人にはこちらも親切にしてあげたい、大切にしたいという気持ちが芽生えませんか?

なんでもやってくれるのが当たり前と傲慢な態度では人は離れていきます。

常に感謝を伝えることを意識しましょう。


明るくてポジティブな人と過ごしていると、一緒にいるこっちまで明るい気持ちになりますよね。

ポジティブな女性は何ごとにも前向きで、誰かが失敗した時や辛いことがあっても前向きな言葉をかけてくれ、頼もしいですし安心します。

そんな人ならいつまでも一緒に居たいと思えるので大切にされるでしょう。

常には難しいですが、できるだけネガティブな感情は持たないようにしましょう。

あまりネガティブすぎると相手も気持ちが暗くなってしまいます。


大切にされる女性は、男性を頼るのもとても上手です。

男性にしかできないことや、男性の魅力を出せる部分でとことん頼るのです。

例えば、重い荷物を持ってもらうなど…女性らしさもでて、男性からは守ってあげたいと思われます。

男性をうまく立ててあげることが大切です。

ほかにも、大切にされる女性は人の悪口を言わず、短所より長所を見つけるのが得意です。

例え誰かの悪口を言うような空気になっても、流されずにその場を回避する力を持っています。

本人のいないところで悪口を言ってくる人は、仲間のふりをしてみんなの悪口を言っている可能性が高いため、信頼も魅力もありません。

そんな人は大切にしたいとは思われないでしょう。

悪口を言う人の周りにはあまり近づかないようにし、人の良い所を見つけるようにしましょう。

聞き上手な人も、コミュニケーション能力が優れているため、人から話を聞いてほしいと頼られます。

人は基本的に自分の話をしがちですが、聞き上手な人は相手の会話を盛り上げることができるのです。

パパの話にただただ相槌を打つのが聞き上手なわけではありません。

話の展開を理解し、相手が何を言ってほしいかがわかるので、話しが盛り上がるのです。

そんな女性が側にいたら、男性も大切にしたいと思うでしょう。

相手が何を目的に話しているのかを理解するのがポイントです。

最後に、マナーや礼儀をわきまえていて常識があることも重要となります。

大切にされる女性は、場に合わせて最適な振る舞いができます。

そして、一緒にいて恥ずかしくなく、誰に会わせても大丈夫と思われるため、継続的なお付き合いに発展しやすくなるでしょう。

あまりきっちりしすぎても、かえって相手が緊張してしまうので、最低限のマナーは守れるようにしておくことが大切です。

男性に大事にされる人の特徴とその方法をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

あなたも大切にされる女性になるために、ぜひ参考にしてみてください。


彼が最近キスをしてくれない。

なんてお悩みの方は唇に問題があるのかもしれません。
きちんと正しいケアをされていますか?

もしも心当たりがある方は必見です。

今回は魅力的な唇を作るためのケア方法を紹介したいと思います。

パパ活でもきっと役立つと思いますので、ぜひ最後までご覧くださいね。


魅力的な唇を作る方法

・正しいクレンジングをする

まずは正しいクレンジングをすることが1番大切です。

口紅が残ったままだと乾燥やトラブルの原因になるので、しっかりとクレンジングしましょう。

洗い方にもコツがあり、強く擦りすぎると摩擦によるくすみの原因となってしまいますので注意してください。

ケアの手順としては、

①コットンで唇全体の口紅を優しく落としていきます。
ポイントは唇の形に沿って落とすことです。
唇が歪むほど強く擦らないようにしましょう。

②口角にも口紅はたまりますので、そちらもきちんとオフします。
こちらも唇の形に沿って落とすようにしてください。

③最後に唇の縦ジワに沿って口紅を落とします。

以上となります。

・ラップで唇のパックをする

ラップでパックをすると唇は柔らかくなります。
保湿剤などを塗ってからラップでパックをすると、皮膚の奥からほぐれて更に柔らかくなりますよ。

・口角マッサージをする

唇が凝るなんてあまり想像がつきませんが、実は結構凝っているのです。

まずは口角をあげるために、凝り固まった口輪筋をほぐしていきましょう。
口輪筋は口角の横の筋肉であり、そこに指をあて離すという動作をしてみてください。

更にマッサージをすることで唇の血行が良くなり、明るさがアップします。
唇の周りを優しく押してマッサージをすれば、赤ちゃんのようなピンクの唇も目指せます。

・唇専用のケア用品を使う

唇のケア用品を使ってしっかりとケアをしていきましょう。
美容液やスクラブなどが有名ですね。
唇にしっかりと栄養を与え、角質を落とすことでぷるぷるな唇が出来上がります。

綺麗な唇を作るためにしてはいけない習慣

・唇をこする

唇をこすると、口周りにある口輪筋が緩んで口角を下げてしまいます。
口角が下がると表情も怖くなり、年齢も上に見られやすくなってしまうのです。

・唇の皮をむく

唇の皮が剥けてしまうなんて経験は皆さんがしてるかと思います。
その時に皮を無理に剥いてしまう方が多いようですが、それは止めましょう。

無理に皮をむくと、出血したり炎症の原因にもなってしまいます。
皮が剥けてしまった時は、皮膚が生まれ変わり自然にはがれるのを待ってください。

・唇をなめる

唇は乾燥するとカサカサになりやすいので、つい舐めて潤わせたくなりますが、それは逆効果。
舐めてしまうと、より乾燥してしまいます。

最終的にはその乾燥から皮が剥けてしまうので要注意です。

いかがでしたでしょうか?

意外とケアを忘れがちな唇ですが、しっかりとケアをしてあげればパパもきっとあなたの唇の虜になること間違いなしです。

ぜひ参考にしてみてください。


2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

カテゴリー