交際クラブ TOP

» 2020 » 9月のブログ記事

男性が本当に求めているもの

| 恋愛 |

交際クラブに刺激を求めて入会されたお客様は、女性とどういった関係になるのが理想でしょうか。面談の時によくお聞きするのは、「性格の良い女性と出会いたい」「刺激も良いけど、やっぱり相性のいい女性と出会いたいんです。」と言われます。
ひと時の快楽を求めての動機だったりもありますが、決してお安くはない入会金などをお支払いして入会されている会員様は一夜だけの出会いよりも長く付き合える彼女的な存在を探している印象があります。

男性が本当に求めているもの-1

なぜ結婚して可愛いお子さんもいらっしゃる男性の皆様がそのような、ある意味、危険も伴う行動を取られてしまうのか…。
それは、やはり人間というものがどこまで行っても孤独を抱えている生き物だからだと思います。
社会で成功して軌道に乗り、家庭を順調に築いていく中でも完全に満足できず、満たされたと思っても、次第にその充足感に慣れていき、何かが足りないと感じだす。足りない気持ちが虚しさを生み出して、満たされる何かを探し出す。そして、なにかをしていないと早く老いてしまう気がする。
男性は自分の老いを許せない生き物です。
残酷なことに老いと孤独はワンセットでやってくるものです。

人は老いていくほど自分に自信がなくなります。朝起きたときの目覚めの良さ、一日中動き回っても翌日には回復していた体力、無限に湧く意欲。
時間というのは、私たちの中に本来あったそういったものを冷酷に奪っていきます。
若いときはすべてが思い通りになるほど周りが期待を寄せてくれていたけれど、時が過ぎるにつれて、自分にあった注目は若い人に向けられます。
そして大人と称される年を迎えて、社会に出て家庭をもち、同じ日々を繰り返す中で新しい出来事や経験をすることが否応でも少なくなっていく。
聞いただけでも楽しいとは言えないものですよね。

男性が本当に求めているもの-2

戦うことが本能である男性からすると、そうして自分の人生がただ終わっていくことは耐えがたいことなのです。
そうした、どうしようもないものと戦っていくために男性は外に出会いを求めて刺激を補充し、抗えない老いや迫りくる孤独と戦っているのかもしれません。
ちなみに最初にお伝えしました通り、刺激を貰える女性なら誰でもいいと思っているわけではないようです。
男性にとって、どんなに刺激的なものでも中身が伴わない関係や時間に意味はありません。

冒頭でも申し上げました通り、男性会員様は自分とフィーリングの合う性格のいい女性と出会いたいのです。
若かりし頃の青春を彷彿とさせるような、心が強く惹かれる女性と出会い恋を求めています。たとえ疑似的な恋愛だとしても、それが男性にとって老いや孤独を忘れさせてくれる特効薬になるのです。
女性の皆様は男性の心が分からずに不安になることもあるかと思います。
ですが、定期的に会っている男性でしたら決して貴女を軽んじているわけではありません。パパ活で出会っている男女は健全とは言い難い関係かもしれません。それでも、その関係で得られているものがあるのなら、お互いにその時を大切にして楽しく過ごして、後に良い思い出として懐かしむことができるようにするのがいいのかもしれませんね。


お誘いが入りやすい「系統」について

| デート, 恋愛 |

面接の際に、女性からよく「どうしたらお誘いが入りますか」と質問されることがあります。

まず、交際クラブではお誘いが入りやすい女性とそうでない女性の「系統」がはっきりしている気がします。
お誘いが入りやすい系統の方には「今のままで十分素敵なので、そのままでデートに行ってくださいね」とお答えします。

お誘いが入りやすい「系統」について-1

では、お誘いが入りやすい、入りにくい「系統」とはどのような方を指すのでしょうか。

お誘いが入りやすい「系統」は、清楚なファッション、ナチュラルメイク、上品な雰囲気のような方です。
「女子アナ」をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

反対にお誘いが入りにくい「系統」は、髪の毛が極端に明るい方や奇抜な方(金髪やハイトーンカラー、毛先がピンクやブルーのグラデーションカラーなど)は残念ながら交際クラブに入会されている男性からはあまり需要がありません。
カラフルなメッシュ等もあまり好まれない傾向にありますので、もし登録を検討している方は面接の時点で写真撮影を行いますので、髪色を落ち着いた色に染めておくと、よりお誘いが入りやすくなると思います。

また、服装についてですが、奇抜でお洒落すぎるファッション(原宿系や古着系、ゴスロリ、パンクファッションなど)についてもあまり好まれる系統ではないので、避けた方がよさそうです。

面接時にはスタジオで写真撮影を行います。
もし、ご自身の好きなファッションが男性に好まれないものでしたら、いつもの自分とは違った雰囲気のお洋服を用意して写真を撮ることもお勧めです。
ここで注意していただきたいのは、実際のデートも写真撮影と同じ雰囲気を演出してほしいということです。
また撮影の時は濃いめでも問題ありませんが、デートのときはメイクも普段よりナチュラルを意識し、濃いチークや真っ赤なリップなどは避けると無難です。

お誘いが入りやすい「系統」について-2

交際クラブの会員様は清楚な雰囲気の女性を好む傾向が強いように感じます。
普段の自分はこんなファッションや髪型、メイクじゃないのにな。。。と思う女性もいるかもしれません。
しかし、普段の自分をさらけ出すことが必ずしも交際クラブにおいてメリットかというとそうではないのです。
紹介した後、お誘いが入らないと分かってから変えるよりは、面接からナチュラルで清楚な自分を演じる方が良いと思いませんか?
面接、そして写真撮影から良い方と出会うチャンスは始まっているのです。
まずはナチュラルなメイク、無難な髪型、清楚なファッションに身を包んでみましょう。


2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー