交際クラブ TOP

» 2017 » 12月のブログ記事

バーキンがほしいあなたへ

| 恋愛 |

東京で暮らす裕福な女性が手に入れるべきものが「Bride」「Baby」「Birkin」。結婚に、赤ちゃんに、エルメスのバーキンの3キーワードの頭文字をとった「3B」であるそうです。
たしかにどれも女性にとって、一度は経験したい・持ちたいものということはなんとなく理解はできますよね。
だけど、みんながみんな結婚したいと考えているわけではないし、子供だって産まなくてもいい。バーキンだって無理に手に入れる必要はないですよね。
自由に選べる時代なのだから、当然自分で決めたっていいのです。
でも、お金持ちの男性に「バーキンを買ってあげる」そんなふうに言われてしまったら「いらない」と一蹴できる女性がはたしてどのくらいいるでしょうか。

バーキンって不思議な力がありますよね。

クリスティーズのオークションでも、毎回すさまじい額で落札され必ずニュースになりますし、持ち歩いている女性を見ると目で追ってしまいます。

彼や旦那さんにバーキンを買ってもらったという話を聞くと心からうらやましいと思えるし、「いつかはバーキンが欲しい」と思ったことのある女性もい
らっしゃるのではないでしょうか。

手に入れるだけの貯金がないなどの、経済的な理由があって今は持っていないという方もいらっしゃると思います。
そこに「バーキンをプレゼントしてくれる男性」がいたら?

銀座クリスタル倶楽部には、富裕層の男性会員様にご利用いただいております。
そして、中には女性にバーキンをプレゼントするだけではなく、さまざまな面で大切にしてくださるような方もいらっしゃいます。

もし、手に入れたいものがあるのであれば、富裕層の男性に出会い、お互いに信頼関係を築き、プレゼントしてもらったり、支援してもらうことも夢に近づくための1つの方法かもしれません。

わたくしどもはあなたに富裕層の男性会員様をご紹介することができます。
ただ、男女関係に限らないことではありますが、人間関係を上手に続けられるかはお二人しだいです。

初回のご紹介以降のお付き合いに関してはお二人にお任せしていますので、2回目以降はおふたりで自由に関係を築いていただきたいと思います。

まず、わたくしどもはあなたの魅力を引き出せるようなプロフィール作成や男性会員様との初セッティングをサポートさせていただきます。
興味を持っていただけたら、ぜひお電話を下さい。
委細は直接お会いしてお話をさせていただきたいと思います。もちろん納得できなければ断っていただいてもかまいません。
ご入会いただければ、わたくしどもはあなたと男性会員様との出会いを精いっぱい応援させていただきます。

ご連絡を心よりお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大人の女性の魅力

| 恋愛 |

富裕層の男性は経営に携わったり、『先生』と呼ばれる職業の方が多く、人の上に立つ立場であることが多いようです。
そのような方たちに選ばれる女性はどんな女性なのでしょうか。
容姿が優れている女性?若い女性?それともCAや受付のような花形の職業の女性でしょうか。
たしかに容姿などが優れている方や若い年齢の女性には、やはりお誘いが入ることは多いです。
ただ、2回目、3回目と男性会員様と長期的なお付き合いに発展していく女性は「容姿」や「年齢」だけではないと思います。
そこには「人間的な魅力」であったり、「相性」であったり、その女性が持つ「個性」や「教養」、「心遣い」などの要素が大いにあります。
男性と同様に、私たち女性は往々にして男性の外見や肩書、収入で惹かれてしまう面もあると思います。
医師や弁護士、外資系金融マンとの異業種交流会、港区界隈で経営者の集まるホームパーティーなどなどのお誘いが入った時はいつもの飲み会よりもおしゃれに力が入りますよね。
そして、そのような華やいだ出会いを求める男性は、女性に美しさや華やかさ、若さ、ステータスを求める方が多いと思います。
ですが、高級交際クラブに入会されている男性会員様は、華やかな場所で出会いを探す男性とは少し違うタイプかも知れません。

会員制の、プライバシーが守られた交際クラブでの出会いは、ひそかに女性との出会いを求めている男性会員様の隠れ家的な意味合いが強いようです。

ホームパーティーに比べると、オープンではないともいえるかもしれない高級交際クラブで男性会員様が探している女性像や女性に求められることとは一体どんなことでしょうか。

まず交際クラブでの出会いは1対1の初回デートから始まります。

コミュニケーションの基本は1対1からはじまります。1対1のコミュニケーションはそれを丁寧に積み重ねることで深まります。

初対面はお互いがどうしても気を使うもの。

この緊張感とうまく付き合い、相手の気持ちをほぐすことができるのは社会に出て、経験を積んだ「大人の女性」だと思います。

「大人の女性」が大学生の若い女性よりも有利な点は、コミュニケーションの経験値だけではありません。

学生時代よりも自由に使えるお金の増えた「大人の女性」は自分をきれいに見せるスキルや知恵があります。

お付き合いで同伴することのある一流の和洋中の飲食店では、美味しいお料理や、ワインの味、テーブルマナーなど大人としての嗜みやマナーを身に着けていることと思います。
高級交際クラブに入会している男性会員様の全員が「マイフェアレディ」のごとく「若くて華やかな女性」に「大人の世界を教えてあげたい・支援してあげたい」と考えているわけではないはずです。

男性会員様からの女性のお問い合わせを受けることが多いのですが「洗練された知性と教養のある大人の女性」との出会いを求めている方がどちらかというと多いようです。

「私なんかが入会しても、お誘いが入るのかな」

そんなふうに謙虚な考えをお持ちのあなたにこそ、ぜひご入会していただきたいのです。

当クラブの女性スタッフが面接をさせていただき、老舗高級交際クラブとして運営してきたノウハウで、あなたの魅力を最大限に引き出すプロフィール作成をお手伝いさせていただきます。

お問い合わせも面接のご希望もお気軽にしていただきたいと思います。

ご連絡をお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性との初デート

| デート |

男性は本格的にお付き合いがスタートする前のデートで、女性がとった些細なしぐさや行動で引いてしまうということが、しばしばあるようです。
女性がデートで良かれと思ってやっていることが、実は男性からしたら「ありえない!」と思われていることもちらほらあるようです。
そこで今回は女性が意外とやりがちな失敗の傾向と対策をご紹介いたします。
交際クラブでのデートでも同じことがいえますので、ぜひ気を付けてくださいね。

「過去の恋愛を語りだす女性」
男性に聞かれてもいないのに過去の恋愛の話をしてしまうと、男性の気持ちが冷めてしまう可能性が高くなります。
特に「同棲したことがある」とか、ダメな男の人と付き合っていたという話はしないほうが無難でしょう。
男性との関係がきちんと築かれているのであれば大丈夫かもしれませんが、まだそこまで仲良くなっていない時に過去の恋愛の話をするべきではありません。
もし男性にそれでの恋愛について聞かれても、あまり具体的に話すのではなく、「前の人とは1年くらい付き合っていた」、「些細なケンカで別れちゃった」という風に事実だけを簡単サラリと話すぐらいで十分だと思います。

「当たりさわりのない会話よりも、先の展開のあるお話をしましょう」
過去の恋愛の話題はNGとはいえ、当たり障りのない会話でやりすごすだけではでその後の進展はありません。
二人のその後に繋がるような、楽しい会話で盛り上がるようにしましょう。
例えば、(まだ交際が始まっていないときは)「彼女とデートするなら、どこ行きたい?」、「一緒に旅行に行くならどこが良い?」などといった、二人が付き合い初めてから実行できるような話題も良さそうですね。
誰とでもできるような当たりさわりのない会話は、どうしてもときめきがないものです。
二人の今後につながるような会話を心がけましょう。

「馴れ馴れしい女性」
会うのが初めてなのに、妙に馴れ馴れしいと男性も及び腰になってしまいます。
ほどよくフレンドリーに話してくれるぶんには、たいていの男性も快く受け入れてくれます。
しかし、「ウケるね!!」「つーか、これマジうまいんだけど!」といったような、下品なうえに妙に馴れ馴れしく話す女性は、初デートでは即アウトと思っていいでしょう。

お友達同士のお喋りではアリかもしれませんが、女性らしさを感じない女性を支援してあげたい、大事にしたいと思う男性はいません。
2回目のデートのお誘いがほしいのであれば、初対面でほどよい距離感が大事だと思います。

「次回のデートを取り付けよう」
とはいえ、「最初から積極的になりすぎるのも良くないのかもしれない」と、男性が次回のデートの話を切り出すまで遠慮をしてしまう女性もいるかもしれません。
ですが、「また会いたい!」と思うのなら、デート終盤に自分から次のデートの話を切り出して、会う約束をしてみましょう。
次のデートの約束をしないままお別れをしてしまうと、チャンスを逃してしまいます。
ざっくりでもいいので「今度は○○に行きませんか?」という話を忘れずにしてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?
 
「盛りあげているつもり」「一応は遠慮しているつもり」――そんな「つもり」が、もしかしたらパパ候補の男性を遠ざけているのかもしれません。
交際クラブでの1回目のデートは少し慎重になった方がいいかもしれません。

最初は「私は、私は」ではなく、できるだけ男性の話を聞いたり、内面についての質問をして男性のことを知ることが大切ではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日々忙しい男性会員様は、お仕事を離れてくつろげるような時間や、日常では得られない癒しを求めています。
男性会員様によって求める内容は違いますが、共通しているのが、「多忙な日常を離れ、癒しの時間を求めている」という点です。
彼らが求めているのは、心からリラックスできる時間なのです。

しかし、男性会員様の思いとは裏腹に、女性がデートでやりがちなのが、日常の愚痴をこぼしてしまうことです。
デートの最中に大学生活や会社での愚痴を延々と話している女性は、実はとても多いのです。
同情を引こうと思って話すこともあれば、友達とするような会話レベルの愚痴を言っているときもあると思います。
もし男性会員様との会話でこのような話をしているのなら注意が必要です。
すぐにその態度を改めることをおすすめします。
彼らとのデートでそのような話ばかりしていると、次第に疎遠になってしまうでしょう。
男性会員様の立場になってみると、女性の愚痴を聞いている時間は苦行にほかならないのではないでしょうか。
彼らが求めているのは癒しの時間であって、女性の大学での人間関係や、会社のお給料が低い、お仕事が大変という愚痴が聞きたいわけではないからです。
だからこそ、男性会員様と会う時、女性には「聞き役」になっていただきたいのです。

男性会員様は、上場企業の経営者・役員、投資家、外資系金融、医師など高学歴で高収入だからこそ、癒しを求めている方が多いのです。
そんな男性会員様の中には「言いづらいような内容の愚痴を気軽に話せる友達のような存在がほしい。」と考えて登録されている方もいらっしゃるので、聞く側にまわって、笑顔でお話を聞いて差し上げるとよろこんでくださいます。
だからと言って、相手のことを知ろうとして必要以上に踏み込んで聞くことも考えものです。
お子さんの写真を見たがったり、仕事の話を根掘り葉掘り聞いたりすることはよくありません。
デートの時によく注意をしてお話をしてみてはいかがでしょうか。

ところどころで踏み込んで欲しくないところについて、男性会員様は何となくサインを出してることが多いことと思われます。
そういうところに敏感に気づいてあげられる女性になりましょう。
デートを繰り返してれば、だんだんとそういった感覚が身につくようになるので、お互いに楽しい時間になるように心がけてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー