交際クラブ TOP

» 2020 » 5月 » 09のブログ記事

パパ活の危険な罠

| デート, 恋愛 |

パパ活をしている女性にとっての幸せとはなんでしょうか。

素敵なパパに出会ってお付き合いが始まると愛情の確認方法が物理的なものになりがちですが、物で心は満たされるのでしょうか。
最初はそれが新鮮で楽しくて充実している感覚があるのかもしれませんが、与えられるだけの関係で、まるで男性から飼われているような状況に、いつまでも不安を抱かずに過ごせるものなのかが気になるところです。

とある女性の話になりますが、彼女は若い頃からパパがいる生活をしていました。
若いというのは最強ですね。
何も知らなくても、遠慮や気を使わなくても、周りの大人がリードをしてくれて、甘やかしてくれるので、自分でなにも考えず与えられるものに反応をすればいいだけです。その反応も、「好き、嫌い、良い、悪い」という単純なもので許されるので、物事に対して自分なりに思考するという機会を失くしていきます。
彼女は男性に援助してもらえて、その生活を送れている自分に自信もあり、それが続くものだと自負していました。
けれど夢の終わりはやってきます。
彼女はある日突然、男性から終わりの言葉を聞かされます。予想していない事態に心はひどく乱れ、自分の将来がまったく見えなくなり、不安で胸が埋め尽くされて足元が暗くなったそうです。
彼女はその不安を解消するために新たなパパを探します。
けれども、すぐには見つかりません。
パパ活の相場で若いとされるのは20代前半ころ。彼女は20代の中でもアラサーに差し掛かる年齢。それ位になると男性の目は厳しいものになっていきます。相応のマナーや嗜み、教養がある女性かどうか、学歴や職歴、そこで得た人間的成長はどういったものか。そういった男性の眼鏡に叶うスキルやステータスを持っているかで出会いの分母が変わります。
残念ながら彼女は、パパがいる生活に安心してしまい、自分を高めることをしなくなっていました。男性から見ると魅力的に見えなくなっていたのですね。
今も必死に新しいパパを探していると噂で耳にします。

ご理解いただいているかと思いますが、パパになれる男性は総じて裕福で余裕のある生活をしている方がほとんどです。他のパパ活や愛活女性のお誘い、誘惑が尽きることはないでしょう。
また、愛人という立場の女性は男性に飽きられたら、それまでの援助やサポートを切られます。
女性は常に男性に飽きられないように気を付けないといけない、気を抜けない立場ということです。
そのような付き合いに心から安らぎを感じることはあるのでしょうか。
パパ活や愛人生活は一時の助けとして経験するのは良いかもしれません。けれど、将来の準備、もしもの備えや考えを用意していない女性は、パパが居なくなり生活が一変してしまうと、パニックになってしまい元の生活に戻ることも出来ず、ふらふらと、いつまでも新しいパパを探すことに固執してしまうみたいです。

貴女の人生は貴女の物で、貴女だけが責任を負えます。
パパ活をするのなら、いつも最悪のケースや事態、そして自分の将来進む方向を見定めて活動することをお勧めします。
適齢期で結婚をする道や自分で生計を立てていく計画。
夢を叶える努力も無駄にはなりません。
そして、パパ活は決して、楽ばかり良い思いばかりできるものではないのです。
自分を最大限魅力的に見せることを意識して、その先にある覚悟や将来を見据えて行動できる女性はパパ活をしても魅力的です。
パパ活をするのであれば貴女の人生をより彩る経験の一つとして後悔をしないようにしてくださいね。


2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー