パパ活でもマンネリ化?トキメキを感じ続けるためには | 交際クラブ・デートクラブのちょっとためになる話
交際クラブ TOP

お付き合いの期間が長くなってくると、出会った頃のトキメキがなくなってしまうことはあるものです。

一緒に過ごす期間が長くなっても、あなた自身もお相手にもトキメキを感じてもらうためにはどうすれば良いのか考えてみることにしましょう。

まずは、トキメキとはどのような状態なのか確認しておくことから始めます。

一般的には、期待や喜びにあふれて、胸が高鳴って鼓動が速くなってしまったりすることを、ときめいている状態だと言うようです。

素敵なパパと出会ってお付き合いがスタートしたばかりの頃には、お相手に見つめられたり目が合ったりしただけで、トキメキを感じてドキドキした経験がある方は多いのではないでしょうか?

しかし、はじめのうちこそ些細なことで感じていたトキメキも、付き合う期間が長くなるにしたがってマンネリ化してしまい、刺激を求めて新しい出会いに目が向いてしまうケースもあります。

関係を長く継続させるために、マンネリ化を解消して、付き合い始めた頃のような、トキメキを感じる方法を考えてみてはいかがでしょうか?

例えば、自分のちょっとした変化に相手が気づいてくれると、とても嬉しく感じますよね。

反対に、髪型や服の系統を変えたりしたときに、お相手に気づいてもらえず、ガッカリした経験のある方も多いようです。

男性のイメチェンに気がついたときには、必ず言葉に出して、褒めるように心がけましょう。

そうすることで、相手は自分の変化に気づいてくれたことを嬉しく思うはずです。

また、意外性もトキメキのために重要なポイントになります。

普段、自分からあまりアプローチしないタイプの男性から突然手をつながれたり、急に肩を抱き寄せられたりすると、かなりドキドキするものです。

落ち着いた大人の雰囲気を持つ男性がときどき見せる苦手な部分や弱い部分に、普段とのギャップを感じ新鮮な気持ちになることもあるでしょう。

男性は自分の弱みなどを見せたがらない人が多い傾向にありますが、女性からすると弱みを見せることは自分を信頼してくれている証拠のように思えて、特別な存在なのだと嬉しくなりますよね。

マンネリ化を防ぐ方法について考えて来ましたが、男性に期待するばかりでなく、自分からも積極的に行動してトキメキを作りだしてみてはいかがでしょうか?

相手がトキメキを覚えれば、そのドキドキ感は表情や仕草に現れて、あなたにも伝わることでしょう。

最近二人の関係が安定して来て、少しマンネリ化してしまっていると感じている方は、よろしければ今回ご紹介した方法を試してみて下さい。


2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

カテゴリー