交際クラブでの初デートにおいて、緊張してなかなか思うように会話が出来ず、気まずい沈黙が続いてしまった…と振り返る男性は意外と多いです。
お目当ての女性が登場して、あまりに可愛かったり、初々しくて素直な良い子だからこそ、変に意識し過ぎてカッコつけてしまうこともあるのだとか。
照れ隠しでついぶっきらぼうに答えてしまって、「しまった!」と後悔したことはございませんか。

実は、第一印象が悪かった相手に対して、ひょんなことから好意を持つようになるケースは意外に多いもの。
今回は、第一印象を変えるにはどうすればよいか考えてみましょう。

第一印象が変わるキーポイントは「ギャップ」

第一印象を重視する人が多いのは、最初の印象はその後も影響を与えることが多いと言われているからです。
第一印象が良かった場合、何か失敗をしても、「疲れていたのかもしれないな」と良い方向に捉え、ひいき目になってしまう傾向があります。
逆に、第一印象が悪かった相手が失敗をしてしまったら、「ああやっぱりダメな人だった」と考えることが多いでしょう。

しかし、一度植えつけられてしまった印象でも、ガラリと印象が変わる出来事や事実に遭遇したとき、その人に対する見方が大きく変わることはあります。

例えば、あまり愛想がないなと思っていた人が、犬や猫などのペットと一緒にいるときはとても柔和な笑顔でほほ笑んでいる姿を見たらどうでしょうか。
「本当はとても穏やかで優しい人かもしれない」と思って、最初のマイナスイメージは消えて、針は大きくプラスイメージの方に動くでしょう。

逆に、第一印象はとてもフレンドリーで優しそうだと思っていた人が、電車のシルバーシートに座っていて目の前にお年寄りがいても席を譲らないで眠ったふりをしているのを見てしまったらどうでしょうか。
「こんなに冷たい人だとは思わなかった…」と思って、ガッカリしてしまうかもしれません。

第一印象と大きなギャップがある出来事などを目にしたりすると、第一印象が悪かった相手の場合ほど、好印象に変化するケースが多いようです。

会う機会が増えればガラリと印象が変わることも

ギャップを目にする機会はなくても、実際に何度か会うことで第一印象が変わることもあります。
最初はとっつきにくいと思っていたけれども、話してみると意外に気が合って良い友達になれたとか、「怖そうな人だな」と思っていたけれど、実は重い荷物を持っていると手を貸してくれる優しい人だったということもあるでしょう。

男女のお付き合いも同じで、何度か会う機会を設けることで、相手の「意外性」に気づくこともあります。

第一印象は、「優しそう」とか「怖そう」と言った具合に、あくまでも自分の予想や推測です。
自分の第一印象を再確認するためにも、何度か会ってみることをおすすめします。

また、デート中に良い印象を持って欲しいがために、相手に気をつかう人は多いと思いますが、食事や買い物でお店に入るときに店員さんに対する相手の態度が気になる女性は多いようです。
大人の男性としての品の良さやマナーのよいイメージを演出するためにも、相手の女性だけでなく、周りの人たちへの態度にも気をつけたいものです。

まとめ

第一印象が悪かった相手への印象が変わるケースなどについて見てきましたが、初対面で失敗してしまった!と思った場合はどうすれば良いのでしょうか。
その場合は、初対面で緊張してしまったことなどを正直に伝えて、もう一度会う機会をゲットして「ギャップ」や「意外性」をアピールしてみてはいかがでしょうか?
正直に話してみることで、より親密になれる可能性もあります。

せっかくの交際クラブでの出会いの一つ一つが実りあるものになれば嬉しく思います。
ぜひ、ご参考になれば幸いです。

これまでに、いざお目当ての若い女性と話をしていても、ふと話題に困った経験はございませんでしょうか。
共通の趣味などがあれば良いですが、そうではない場合、お互いそれぞれの話題についていけない…そんな状況が起こってしまうことがあります。
会話をしていて自然に楽しいと感じることは継続的な関係を続ける上で大切な要素です。

若い女性にフラれないためにも、こうしたジェネレーションギャップをどう克服するか考えてみましょう。

ジェネレーションギャップを楽しむ

世代が違えば子供の頃に観ていたテレビ番組や流行りが違うのは当然です。
現在は、子供の頃からスマホやネットなどがあるのが当たり前の生活ですので、育った環境もかなり異なります。

ある調査では、職場の昭和世代の先輩と世代ギャップを感じた経験がある平成世代はおよそ4割、平成世代の後輩に世代ギャップを感じた経験がある昭和世代は5割超という結果が報告されています。
どうやら世代ギャップを感じてしまうのは、年上の方が多いようです。

世代間のギャップに直面したなら、お互いの違いに戸惑ったりガッカリしたりするのではなく、むしろお互いの違いを楽しむことをおススメします。
インタビュータイムなどと称して、ギャップを感じたことについて逆インタビューをしてみたり、相手から逆インタビューされてみたりしてはいかがでしょうか。

付け焼刃の話題や情報は引かれてしまうことも

相手とのギャップを埋めるために、相手が興味ありそうな話題や情報を集めようと思う方は多いかもしれません。
しかし、付け焼刃の話題や情報はかえってマイナスに作用してしまうこともありますので、注意が必要です。
ネットなどで調べれば若い女性たちの間で今どんなことが注目されているのか、今何が話題になっているのか知ることは可能ですし、詳細について知ることも簡単でしょう。

けれども、若い女性が年上の男性に期待していることは、同世代の男性と同じような会話を楽しんだりすることではないかもしれません。
年上ならではの落ち着きや包容力を期待している人の方が、はるかに多いです。

自分であれこれ調べて相手の世代間の旬な話題をいきなり振ってしまうと、「自分と話題を合わせるために色々調べてくれたんだ」と好意的に捉える人ばかりではありません。
人によっては「他に話題はないの?」と思ってしまう人もいるでしょう。

せっかくの努力ですから、もう少し上手にアピールすることをおススメします。
相手のことをもっと理解するために色々と情報を集めている姿を上手にアピールしつつ、「大人」の姿だけでなく、「可愛い部分」もあるのだと思わせましょう。

あれこれ遠回しに言うよりも、ストレートに「調べてみたけれど良く分からない部分があるので教えて欲しい」と伝えてみるのもよい方法です。
普段自分よりも大人だと思っている姿とのギャップ萌え、を相手に感じてもらえるかもしれません。
意外性は恋の良いスパイスになるものです。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。
交際クラブの出会いのほとんどは、このジェネレーションギャップをどのように自然に解消するかが重要とも言えます。

あまり難しく考え過ぎてジェネレーションギャップに悩むよりも、自分をアピールするチャンスと捉えて、活かしてみてはいかがでしょうか。

せっかく交際クラブに入会していろいろな女性とデートを重ねていても、なかなか良い女性に出会えないと思っていらっしゃいませんでしょか。
誰でも、せっかく特別なパートナーにするなら「こんな人が良い!」という理想はあるものですが、理想を求めすぎてせっかくの出会いの機会を逃してしまっては、元も子もありません。

今回は、素敵な女性と出会うためにはどうすれば良いか、具体的に考えてみましょう。

理想の相手の条件を見直してみましょう

交際クラブにおいて、なかなか良い女性と出会えないと思っている男性は、理想が高すぎることが多いようです。
あなたが恋愛相手に求めることは何でしょうか。

まずは、理想の相手の条件を箇条書きにしてみましょう。
箇条書きにしてみることで、頭の中だけで思っているよりも少しだけ客観的に見られるようになるかもしれません。

さらに、箇条書きにした理想の相手の条件に優先順位をつけてみて下さい。
どれも大事な条件なので、なかなか決められない…と感じてしまう可能性も高いです。
けれども、優先順位をつけることで、あなたにとっての理想の相手をよりクリアにすることが出来て、良い相手と出会う機会が増えるならどうでしょうか?

理想の相手の条件の中で、譲れる部分と譲れない部分がハッキリすれば、対象となるお相手探しが少しラクになるでしょう。

恋愛を遠ざける相手への過度な期待と要求

理想の相手の条件がたくさんあると、せっかくお付き合いがスタートしても長続きすることが難しくなってしまうかもしれません。
たとえば、日頃から、フォーマルな服ばかり着ていると肩が凝ってしまうことはありませんでしょうか。
たまのお休みの日は、カジュアルな服装で肩ひじ張らずにリラックスして過ごしたいと感じるはずです。

男性側からサポートがあっての交際クラブでのお付き合いの場合、相手女性に理想の恋人でいて欲しいと願うことは、決して特別なことではありません。
けれども、24時間365日、理想の恋人の条件全てを満たすために努力をし続けなければいけないとしたら、相手は精神も体力もすり減ってしまうかもしれません。

過度な期待や要求は恋愛を楽しいものから苦痛なものへと変えてしまうことになりかねません。
相手への期待や要求をする前に、まずはご自分に同じことが出来るかどうか考えてみることをおススメします。

恋愛はお互いの立場を尊重して思いやる気持ちが土台になければ、長続きすることは難しいでしょう。

相手の良いところを探しましょう

また、理想の相手の条件がたくさんあったり、理想が高い方は、相手のネガティブな部分を探してしまう傾向が強い場合が多いようです。
理想の条件というのは、出会った相手をふるいにかけるためのものですので、欠点探しのような視点になりがちです。
これでは、相手のポジティブな面に気がつくことが出来ず、出会いの機会がいくらあってもチャンスを活かすことが難しくなってしまいます。

まとめ


理想を求めすぎないようにして、相手のポジティブな面を探すようにすれば、仮に相手のマイナス部分があったとしても、その成長を見守ってあげようというスタンスになれるかもしれません。
ましてや、だいぶ年の離れた若い女性であればなおさら、これから大人のレディへと成長していく過程が必要なのです。
交際クラブでの楽しみ方は、相手女性の成長を見守り、時にサポートしてあげるポジションを担うことだったりもします。

皆様にとって運命のパートナーは、必ず銀座クリスタル倶楽部にいらっしゃいますよ。

良いなと思った相手だからこそ、相手の本音を知りたいと思ったことはありませんか?
特に、女性は本音と建て前を使い分けるのが上手なので、恋愛の駆け引きでじらされているのかと思っていたら、遠回しに断られていた…ということもよくあります。

今回は恋愛の駆け引きを使って、なかなか掴みにくい相手の本音を引き出す方法について探ってみましょう。
交際クラブにおいても使えるテクニックですので、ぜひご参考になさって下さいね。

女性からの遠回しな断り方

気のない相手からの誘いでも直接的な断り方をしない女性は多くいます。
じらされているのでは?と勘違いしてしまうような断り方をされる位なら、ハッキリNOと言ってくれれば良いのに…と思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、遠回しな断り方をするのには、あまり波風を立てたくないと思っていたり、相手を傷つけたくないという優しさの場合もあります。

また、ハッキリと断るのは面倒なので、お誘いが時間の経過と共に消滅してくれれば良いと思っていたりすることもあります。

もし、相手を食事やデートに誘って「今は忙しいので、時間が出来たら連絡をします」と言われてしまったなら、連絡が来ることはまずないと思った方が良いでしょう。
これは、残念ながらお誘い自体が消滅してくれれば良いと思っている場合に使われることの多い断り方です。

また、「その日は他の約束があるので」と言う答えが返って来たときに、誘いに乗る気があれば代わりに都合の良い日を言いますが、誘いに乗る気がなければ「また今度ね」位で終わるでしょう。

恋愛の駆け引きで相手の本音を引き出す

恋愛の駆け引きは何も相手をじらせて、こちらに気持ちを向けさせるときにだけ使うものではありません。
女性が良く使う恋愛の駆け引きを使って、相手の本音を引き出すことも期待出来るのです。LINEやメールなどへの返信をわざと遅らせて、相手を不安な気持ちを煽る方法を、恋愛の駆け引きとして使う女性は多いですが、この方法を利用して相手が自分に興味があるかどうか、知ることが出来るでしょう。

最初は毎日1回のLINEやメールを、1週間位続けて送ってみてください。

内容は趣味の話やお店の情報などなんでも構いませんが、必ず最後は相手に質問して終わるようにしましょう。
そうすることで、あなたの質問に答えるために相手はあなたに返信して来ます。
そんなやり取りを続けた後で、突然連絡をストップしてみて相手の反応をみましょう。
あなたに興味があれば、「どうしたんだろう、何かあったのでは…?」と心配して相手から連絡を入れてくるでしょう。
もしも、相手から連絡が入らなかった場合は、2~3日後にあなたから連絡を入れてみることをおススメします。
人によっては「嫌われてしまったのかも?」と思ってしまって、連絡を入れるのをためらってしまうケースもあります。
あなたに好意があれば、「心配していた」という言葉が返ってくるでしょう。

また、デートの約束を直前でキャンセルしてみて相手の本音を探ることも出来ます。
相手があなたに好意を抱いていれば、「代わりの都合の良い日はいつ?」と聞いてくる可能性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
年の差がある交際クラブでの出会いだからこそ、相手女性の本音は知りたいものだと思います。
なかなか相手の本音が分からないと思っている方は、今回ご紹介した恋愛の駆け引きを使って相手の本音を引き出す方法や、遠回しな断り方を参考にしてみてくださいね。

交際クラブに入会する女性の多くは、リッチなデートや、普段出来ないような経験をさせてくれるパパに出会いたいと望んでいるのが現実です。
そして、そういったことに特別感を感じさせず、あくまでスマートでナチュラルにプレゼントしてくれる男性に魅大人の魅力を感じ、ますます惚れ込んでしまうもの。
フィーリングが合った若い女性のあの子のためにも、日常でのプレゼント作戦はとても有効的です。

若い女性がもらって喜ぶプレゼントとは

誕生日や記念日の時以外でも、デート中に年下彼女が「可愛い!」と言ったものをプレゼントすると喜んでもらえます。
お金に余裕がない若い男性にはなかなかできないことなので、彼女がどのようなものが好きなのか、普段の会話やデートの時に好みを調べておきましょう。
確実に彼女の好みのものを贈るためには、サプライズでプレゼントを渡すよりも、一緒にお店に行って好きなものを選んでもらうと間違いありません。
普段身につけることができるネックレスは、女性がもらって喜ぶプレゼントの定番です。
高級ブランドのものでも、ネックレスはそこまで高価ではないので、一緒にお店に足を運んで見てみると良いでしょう。
二人でお揃いのものを身につけたいと言われた場合は、ブレスレットがおすすめです。
同じものを一緒に身につけることで、常にお互いのことを感じられるので、お揃いのアクセサリーを欲しがる女性も多くいます。

花のプレゼントはほとんどの女性が喜ぶものですが、「もらっても困る」という人もいるので注意が必要です。
彼女が花好きで、好きな花の種類がわかっている場合は、その花をメインとした花束を注文すると良いでしょう。

普段自分ではなかなか買えないような高級スイーツを贈ることも喜ばれます。
おいしいのはもちろん、パッケージが可愛いものを選ぶのがポイント。
テレビや雑誌などで今トレンドのスイーツや限定品を調べて、なんでもない普通の日にプレゼントすると、粋なサプライズとして彼女を喜ばせることができます。

プレゼントと一緒にメッセージカードを添えて、感謝の気持ちや愛情を伝えるとより喜ばれるので、メッセージカードを普段から用意しておくことをおすすめします。

物より経験!ハイクラスなホテルや旅館に泊まって喜ばせる

物のプレゼント以外では、高級なホテルや旅館に泊まることでも年下彼女を喜ばせることができます。
ラグジュアリーホテルのスイートルームなど、経済力のある人でないと泊まれないような場所を予約したり、部屋に貸切風呂が付いている温泉宿で、誰にも邪魔されずに二人でくつろぐのもおすすめです。
遠方へ旅行する場合は、新幹線だったらグランクラスを、飛行機だったらビジネスクラスを選ぶなど、移動時間も快適に過ごせるように気を配りましょう。
経済的に余裕があるからこそしてあげられることを惜しみなく提供することで、自分を大切にしてもらえているんだなと彼女の気持ちを満たすことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
憧れデートや豪華なプレゼントを女性にしてあげることで、その女性の気持ちは一気に高まることでしょう。
ですが、こういったことをしてあげるのは、もちろん男性が相手女性に対しての気持ちがしっかりあるからこその表れです。
交際クラブでのデートは、相手女性が本気で喜ぶ姿を目の前で見ることが出来るのも楽しみの一つ。
喜ぶあの子の笑顔を独り占めしてみませんか。

男性側のパパ活では、短期戦で活動する人と長期戦で活動する人の大きく分けて2パターンに分かれます。
どちらにもメリット、デメリットはありますが、交際クラブを利用する上では、男性側のお気持ち次第で短期戦にも長期戦にもなりうるのです。

今回は短期戦と長期戦の違いについてまとめてみました。
交際クラブのさまざまな利用の仕方について知っていただけたらと思います。
最後までぜひご覧ください。

短期戦と長期戦の違い

短期戦とは特定の女性を作らずに、その都度違う女性とデートを楽しむことをさします。
メリットとしては束縛がなく自由なので、好きな時に自分のペースで楽しむことができます。
会いたいと思った時に、交際クラブを利用して好みに近い女性を探す。
オファーを出して、相手の女性とスケジュールが合えば、その日一日を思う存分に楽しみます。
上記のような流れがメインですので、女性と深い関係を築くことが難しくなり、一瞬のお楽しみにしかならない点がある意味ではデメリットとしてあげられるでしょう。

長期戦では、特定の女性と長い期間デートやお食事を楽しむことをさします。
メリットとしては、女性と会う回数があるため、必然的に一緒に過ごす時間が長くなることから、お互いを良く知れるようになり、フィーリングが合えば、深いお付き合いに発展していくケースもございます。
ですが、男女関係ですので、感情のもつれから複雑なケースに発展してしまう、、、なんてこともあり得ますよね。

パパ活ではどんな相手と出会いたいのかで利用法が変わる!?

まるで恋人のような信頼関係のあるパートナーを見つけたいというお気持ちがある方には、長期戦でのご利用をオススメいたします。
その理由としては以下のことがあげられます。

・信頼関係ができる

長期戦のパパ活となると、一緒に過ごす時間も増えますよね。
長い時間を共に過ごしていくと、だんだんと信頼関係が出来ていきます。
それは普段の人間関係となんら変わりはありません。
心地よい人間関係が出来上がると、良い意味で相手に気を使わなくて良かったりしますよね。
家族にも話せないような秘密ごとであっても、その女性であれば不思議と話せてしまうかもしれません。

・情が湧き相手のことをしっかり考えられる

長い付き合いになると信頼関係と共に相手に情も湧いてくることでしょう。
そうなると、相手を簡単に傷つけたりできません。
困っていることがあればサポートもしてあげられますし、彼女のプライベートにも介入するほどの親密な関係に発展することもあります。
出会いの場所が交際クラブであっても、きちんとした関係を築き、お互いにとって不可欠な存在になるほど情熱的な恋に発展することもあるのです。

・女性も長期的なパパを求めてる人が多い

女性側も、出来れば長期間にわたってサポートをしてくれるような長期的なパパを求める人が多い事はご存知でしょうか。
交際クラブを利用すれば、安心安全なマッチングとはなりますが、毎回初めましての男性よりも自分のことを深く知ってくれて、一緒にると気持ちが安らぐ定期的パパに気持ちの比重は傾きます。
女性からも大切に思われたい場合は、長期戦の方が良いかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。
交際クラブにおいて、ご自身がどのような関係を築きたいのかどうかによって、短期戦・長期戦と利用の仕方は変わってきます。

この子!と決めた一人の女性とじっくり向き合うのもよし、たくさんの女性とその日限りの特別な一日を思いきり楽しむのも良しだと思います。

銀座クリスタル倶楽部ではたくさんの素敵な女性が貴方からのオファーをお待ちしています。

気になる女性に対して、どのようにデートに誘えばOKしてくれるのかは男性であれば皆様気になるところだと思います。
交際クラブでの最初のデートはスムーズにできても、2回目以降は自分自身の勝負になります。
ですが、心配することはありません。
ポイントを押さえて上手に誘うことさえできたら、女性は意外にもOKしてくれるからです。
ちょっとした恋愛心理テクニック駆使して、気になる女性をデートに誘ってみましょう。

二回目以降の具体的なお誘い方法とは!?

①相手の今気になっていることの情報を調べる

「あそこのケーキ食べに行きたい」「あの映画が見たい」など、相手と話したり周りの人に聞けば色々と情報は集まるはずです。
例えば「あそこのケーキ屋気になるんだけど一人じゃ行きづらいから一緒にどう?」「あの映画面白そうだよね!一緒に行かない?」と軽い感じで聞いてみると、OKされる確率が上がるでしょう。

②「誘い」ではなく「お願い」してみる

誰でも頼られるとそれに答えたくなってしまうもの。
そこを上手に利用しましょう。
「服を買いたいんだけど、女の子の意見もほしいから一緒についてきてもらえる?」だったり、料理が得意な子だったら「調理器具を買おうと思うんだけど一緒に行ってオススメ教えてらえる?」など。
女性でも頼られるのは嬉しいものです。

③相手にNOという選択肢を与えない心理戦

例えば「犬派?猫派?」と聞かれても、どちらかが嫌いと答えることは少なくなるものです。
心の中で、相手に与えられた選択肢の中から選ぶようになります。
「今度の土曜日か日曜日に映画に行こうよ」と誘ってみると、行く・行かないの二者択一ではなく、行く前提で相手に都合のいい選択肢を選ばせてあげることが出来るのです。
実質的にはこちらが意見を強制していませんので、試してみる価値はあるでしょう。

④美味しい店をリサーチして気軽に誘う

気負いすぎたお誘いは、余裕のない感じや、ガツガツした態度とした印象を与えてしまいます。
それは、女性に一歩引いた感情をもたれしまう可能性があります。
女性にデートのOKをもらうためには、あくまでも気軽に、女性も乗りやすいお誘いを心掛けることがおすすめです。
初めてのデートの場合は、食事(ランチ)だけにしたりするなど、女性に警戒心を抱かせない軽いものにしてみましょう。
デートの内容が気楽なものであれば、女性の警戒心も下がるでしょう。

⑤大切なのは1度断られても諦めないこと

せっかくデートに誘うなら、断られることは避けたいですよね。
しかし、断られることを恐れていては、気になる女性との親密度を上げることはできません。
女性に対して、あくまでも一緒に楽しいことを共有したいという気軽な気持ちで誘っているという前提の誘い方をすれば、2.3回目にはOKを貰えるでしょう。
最初は、あなたへの好意の有無に関わらず断ってしまうことも大いにあります。
その場合は、断られてしまっても気落ちせず、次のチャンスを狙いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
気になる女性の興味を調べて、相手が喜ぶ内容でお誘いしてみましょう。
緊張しがちなお誘いではありますが、心理的テクニックと気軽に誘うことを意識するだけでも、女性に断られにくい空気を作ることができます。
気になる女性がいるのに、断られるのが怖くて行動できない…という方もポイントを押さえて、少しの勇気を出して誘ってみましょう。

遠距離恋愛と聞くと続けるのが難しそうと思ってしまう方が多いようですが、交際クラブで知り合った女性と、順調に遠距離恋愛を楽しんでいる男性会員様も結構いらっしゃいます。
本日は、交際クラブでのカップルにも参考になる、遠距離恋愛を続けるためのキー・ポイントやメリットについて探ってみましょう。

遠距離恋愛のメリット

遠距離恋愛は直接会える機会が少ないので、長続きしないと思ってしまうかもしれませんが、実はメリットもたくさんあります。
まずは、遠距離恋愛のメリットについて見てみましょう。
直接会える機会が少ないというのはデメリットでもありますが、反面メリットでもあります。なかなか会うことが出来ないからこそ、久しぶりに会えたときの嬉しさはとても大きいものがあるでしょう。

また、会う機会が少ないということはマンネリ化しにくかったり、お互いに新鮮な気持ちでいられたりすることも期待出来ます。
一緒にいられる時間は限られていますので、一緒に過ごせる時間を大切にしようと、より充実した時間を過ごすことが出来そうです。

恋人との時間も楽しみたいけれども、自分の時間も大切にしたいと思っている人にとって、遠距離恋愛はその両方の希望を叶えてくれる可能性が高いでしょう。
恋人がいつでも会える距離に住んでいる場合は、恋人から急な呼び出しやお誘いがあることもあるかもしれません。
けれども遠距離恋愛の場合はそうした予定外の急な呼び出しやお誘いはまずありませんので、予定変更を余儀なくされる状況は起こりにくいでしょう。
好きなときにいつでも恋人と会いたいと思っている人にとって遠距離恋愛は辛い恋愛になってしまうかもしれませんが、しっかりと仕事や趣味の時間も大事にしたい人にとってはメリットのある恋愛と言えそうです。

遠距離恋愛を長続きさせるキー・ポイント


それでは遠距離恋愛を長続きさせるキー・ポイントは何でしょうか?
自分にとって遠距離恋愛に多くのメリットを発見出来ても、相手も同じように感じているとは限りません。
まずは遠距離恋愛についてお互いの気持ちにズレがないか、確認しておくことをおススメします。

相手が頻繁に会いたいと思っている場合は、お互いの顔を見ながら話すことが出来る機会をなるべく多く設けることが必要になります。
今のご時世、オンラインを利用すれば相手の顔を見ながら話をすることが出来ますので、なかなか直接会えないという相手の不安を減らすことが出来るでしょう。

また、直接会うために長距離の移動が必要ですから交通費がかさんでしまうことになります。そこは、経済的に余裕のある男性側がきちんと女性にお渡しをしてあげるなど、一定のルールをあらかじめ決めておき、女性を安心させてあげると良いでしょう。

銀座クリスタル倶楽部では、全国でのデートが可能!

当倶楽部の女性会員は東京近郊だけのご登録ではなく、地方にもたくさんいらっしゃいます。
それゆえ、会員様のご希望の場所に女性を呼んでいただいてデートをしていただくことが可能
そこでフィーリングがあった女性とは、年に数回程度でも、遠距離恋愛のような形でデートを重ねて関係を継続させている会員様もたくさんいらっしゃいます。
気軽に会えない距離にいるからこそ、お相手の女性も貴方をより大切にし、久しぶりに会えた際には、ドラマチックなデートになるのです。

まとめ


遠距離恋愛のメリットや続けるための注意点などについてお伝えして来ましたが、いかがでしたか。
実際に遠距離恋愛をおこなったことがある女性へのアンケートでは、5割以上の人が遠距離恋愛をしてみて良かったと回答しています。
これらは、パパ活において、遠距離のパパとの意識調査においても通じる結果だと思います。
「時間を有意義に過ごせるようになった」、「相手をより思いやれるようになった」などが理由としてあげられていますので、遠距離恋愛はパパ活においても、自分自身の成長のためにも有意義な恋愛と言えるかもしれません。

まわりにいるモテる人と自分を比較したときに、一体どこが違うのかと思ったことはありませんか?
「モテる男」と「モテない男」に分けたとき、両者にはどのような違いがあるのでしょう。
外見はもちろん、性格や言動など女性にモテるためにはさまざまな要素が必要そうですよね。

そこで今回は、モテる男とモテない男の決定的な違いについて調べましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.コミュニケーション能力があるかどうか

そもそも人や物事に興味がないと成立しない話とはなりますが、コミュニケーション能力の高い人は、周りの空気を読んで話題を提供してくれたり、その場の雰囲気を盛り上げてくれます。
そのような人には好感を持てますよね。
誰とでも仲良くなれるコミュニケーションに長けた人は、やはり女性にモテるでしょう。

2.行動力の有無

何事に対しても積極的に動いているかどうかも重要なポイントです。
積極的に動かないとチャンスが巡って来ないので、そうなってしまうと良い巡り合わせに繋がる可能性も低いでしょう。
モテるためには、女性からのお誘いを待っているだけでなく自分から行動に移すことも大事です。
積極的に女性との出会いを求めて動いているかというのも、モテる男性とモテない男性との差になるでしょう。

3.話し上手、聞き上手である

相手が自然に話せる空間をつくり、それをしっかり聞く姿勢を持っていること。
これが、聞き上手な人となる重要な要素です。
人は自分のことを話す際に、相手が自分に興味を示してくれていると嬉しいと感じます。
そのため、話し上手・聞き上手になるには、自分ではなく相手が興味を持つテーマが何なのかを把握出来るようになる必要があります。
また、自分自身でもトレンドや幅広い話題を提供出来る知識などを持っていると、さまざまな年代の女性とも話をすることが出来るようになるので、会話で距離を近づけることが可能となるでしょう。

4.自分磨きをしているか

男性としての魅力を上げるための自分磨きにおいて、女性の心を掴むための努力・ファッション・見た目の清潔感など自分自身にどれだけ気を使っているか、そうした努力をしているかどうかもモテるかどうかの大きな差になります。
女性の場合でも、男性にモテるためには男性ウケを意識して努力していますからね。
モテる男性の外見やオーラを、日頃から観察しましょう。

5.レディファーストが自然に出来る

女性に対して、紳士的にエスコート出来る男性は意外にも多くありません。
と言いますのも、細やかな気配りは、その時のシチュエーションをしっかりと観察し、相手への気遣いをきちんと持ち合わせていないと咄嗟に出来ることではないからです。
女性に目もくれず、スタスタ先を歩いてしまうようなリードを女性は望んではおりません。

例えば、ドアの開閉時には一歩手前で「お先にどうそ」と優しく声をかける。
一緒に歩いている時には周りに目を配るなど、男らしさも感じられるレディーファーストな振る舞い。
ちょっとした気遣いを感じた際に、女性は男性を紳士的と感じます。
なかなか、自然と身につけている男性になるのは難しいですが、これを意識することでモテる男性になるためのステップとなることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
モテる男性とモテない男性の違いですが、みなさんの周りにいる「モテる男」にあてはめてみて「なるほど」と思った人もいるのではないでしょうか。

行動力や話術、見た目の清潔感、レディファースト精神があれば、イケメンでなくても女性にモテる可能性は大いにあるのです。
だからこそ、男性の皆様には、女性がどんなことを期待しているのかしっかりと意識してみていただきたいと思います。
ぜひとも、ご参考になれば幸いです。

【テクニック編】上手なLINEの返し方 投稿日 by

最近は、人と連絡をとる手段としてLINEが欠かせないツールの一つになっています。
そのため、LINEでの連絡の仕方は男女の関係を築き上げるためにもとても重要になるのです。
たとえば、全く連絡を取らない人よりも、頻繁に連絡をとる人の方がお互いに好意を向けられていると感じやすいですよね。
しかし、自分以外の人がどのようなLINEを送っているのか、なかなか知ることはできないはず…。
そこで今回はすぐに実践に使えるテクニックをお話ししていきます。
上手いLINEの返し方を知っているだけで、多くの女性からモテること間違いありません。

誰でも簡単にできる3つのテクニック

具体的なテクニックとして、返し方には3つのコツがあります。

①文章はシンプルに

1つ目は、文章を短く簡単にすることです。
特に、若い女性はだらだらと長い文章を嫌う傾向があります。
できるだけ簡潔に、そして内容のある文章を作ることが大切。
たとえば、「美味しいご飯屋さんを見つけたから今度一緒に行かない?」と要件のみを送っても問題ありません。
男性によくあるLINEでの失敗例として…挨拶から始まり、予定が空いているかの確認、行きたいご飯屋さんを選んだ理由など、本当に伝えたいことから内容がブレてしまうというケースがあります。
デートに誘いたいのであれば、その旨のみを簡潔に伝えることを意識しましょう。

②会話のキャッチボールのタイミングを意識

2つ目は相手からのLINEで終わることを意識することです。
これは、次にLINEを送るタイミングを自分で決められ、相手にしつこい男だと思われないようにする効果があります。
現在、自分のLINEで終わり、相手からの返事を待つことが続いているのであれば、返事をするタイミングを少し空けてみることから取り入れていくといいでしょう。
適度な距離感を保つことで、いい関係を築き上げることができます。

③やはり挨拶は大事

3つ目は、朝や夜などに時々挨拶を取り入れることです。
「おはよう」や「おやすみ」など簡単な挨拶を加えることで、丁寧さと親近感を演出することができます。
ただし、必要以上に繰り返し送ったり、挨拶だけの文面を送ることは避けましょう。
中には挨拶は必要ないと考えている女性もいるため、相手が挨拶を返してくれるのかどうかを判断することも大切です。

LINEの有効活用が大事

女性と恋愛関係を築くためには、LINEの活用が必要不可欠です。
そのため、LINEでの言葉遣いや接し方はとても重要になります。
LINEを有効活用することで、年齢差のある女性相手にもデートに誘うことが簡単になりますし、自分の良さをアピールすることができるのです。
スタンプを適度に活用したり、相手の好きな話題を出してみたり、会話をするようにやりとりができるようになると、相手の女性と親密な関係に発展していくこと間違いありません。
少し親密な関係になってきたと感じたら、LINE電話などで会話してみるのもいいでしょう。
必ず今から電話をかけていいのかを確認し、了解の返事をもらったら、10分程度で簡単に終わらせるのがおすすめです。
時々電話をすることで、相手の女性が自分にとって特別であることをアピールすることができます。

LINEコミュニケーションの注意点

◆タイミング
◆頻度
◆言葉遣い

この3点は特に気を付けましょう。

パパ活相手はパートナーがいたり、周囲の人に内緒で活動している人も多いので、むやみやたらに連絡をするのはご法度。
パートナーに浮気や不倫を疑われて修羅場になることもありますので、お互いにパパ活を楽しむ為にも適度な距離感は大切です。
また、文章で想いや考えを伝える時には言葉使いに注意。
文字だけだからこそ、誤解を生むこともあるのです。
受け取り方は十人十色なので、そのことも意識してLINEを送るようにしましょう。

まとめ

意中の相手の心を掴む際には「単純接触効果」といって、できるだけ自分に多く長く触れてもらうことが大切です。
直接会うだけでなく、LINEのメッセージでも効果的。
その際には、LINEのアイコンを自分の顔写真にしておくことをおすすめします。
そうすることによって、あなたの顔を見る機会が増え、無意識のうちに相手の脳内に広がっていくでしょう。
人の脳は、意識しているものを「好き」「大切」と認識する癖がありますので、信頼関係を築く上でも大きな役割を果たすはずですよ。