まわりにいるモテる人と自分を比較したときに、一体どこが違うのかと思ったことはありませんか?
「モテる男」と「モテない男」に分けたとき、両者にはどのような違いがあるのでしょう。
外見はもちろん、性格や言動など女性にモテるためにはさまざまな要素が必要そうですよね。

そこで今回は、モテる男とモテない男の決定的な違いについて調べましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.コミュニケーション能力があるかどうか

そもそも人や物事に興味がないと成立しない話とはなりますが、コミュニケーション能力の高い人は、周りの空気を読んで話題を提供してくれたり、その場の雰囲気を盛り上げてくれます。
そのような人には好感を持てますよね。
誰とでも仲良くなれるコミュニケーションに長けた人は、やはり女性にモテるでしょう。

2.行動力の有無

何事に対しても積極的に動いているかどうかも重要なポイントです。
積極的に動かないとチャンスが巡って来ないので、そうなってしまうと良い巡り合わせに繋がる可能性も低いでしょう。
モテるためには、女性からのお誘いを待っているだけでなく自分から行動に移すことも大事です。
積極的に女性との出会いを求めて動いているかというのも、モテる男性とモテない男性との差になるでしょう。

3.話し上手、聞き上手である

相手が自然に話せる空間をつくり、それをしっかり聞く姿勢を持っていること。
これが、聞き上手な人となる重要な要素です。
人は自分のことを話す際に、相手が自分に興味を示してくれていると嬉しいと感じます。
そのため、話し上手・聞き上手になるには、自分ではなく相手が興味を持つテーマが何なのかを把握出来るようになる必要があります。
また、自分自身でもトレンドや幅広い話題を提供出来る知識などを持っていると、さまざまな年代の女性とも話をすることが出来るようになるので、会話で距離を近づけることが可能となるでしょう。

4.自分磨きをしているか

男性としての魅力を上げるための自分磨きにおいて、女性の心を掴むための努力・ファッション・見た目の清潔感など自分自身にどれだけ気を使っているか、そうした努力をしているかどうかもモテるかどうかの大きな差になります。
女性の場合でも、男性にモテるためには男性ウケを意識して努力していますからね。
モテる男性の外見やオーラを、日頃から観察しましょう。

5.レディファーストが自然に出来る

女性に対して、紳士的にエスコート出来る男性は意外にも多くありません。
と言いますのも、細やかな気配りは、その時のシチュエーションをしっかりと観察し、相手への気遣いをきちんと持ち合わせていないと咄嗟に出来ることではないからです。
女性に目もくれず、スタスタ先を歩いてしまうようなリードを女性は望んではおりません。

例えば、ドアの開閉時には一歩手前で「お先にどうそ」と優しく声をかける。
一緒に歩いている時には周りに目を配るなど、男らしさも感じられるレディーファーストな振る舞い。
ちょっとした気遣いを感じた際に、女性は男性を紳士的と感じます。
なかなか、自然と身につけている男性になるのは難しいですが、これを意識することでモテる男性になるためのステップとなることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
モテる男性とモテない男性の違いですが、みなさんの周りにいる「モテる男」にあてはめてみて「なるほど」と思った人もいるのではないでしょうか。

行動力や話術、見た目の清潔感、レディファースト精神があれば、イケメンでなくても女性にモテる可能性は大いにあるのです。
だからこそ、男性の皆様には、女性がどんなことを期待しているのかしっかりと意識してみていただきたいと思います。
ぜひとも、ご参考になれば幸いです。