ここが最も重要!とも言われている3回目のデート。「ここまでくれば安泰」と思いきや、ゴール目前に失敗なんてこともあるのです。
ここではそうならないための必勝ポイントとして、注意点をお伝えして参ります。

デートは3回目がキーになる

1回2回と順調にデートを重ねてきたのに、4回目はもう無い…そんな命運の分かれ道はやはりこの、3回目のデートにあります。
ポイントは【距離感とタイミング】
特に女性は「この人アリ」と思わないと、デートにすら行きません。
つまり3回も会ってる時点で脈ありなのです。
3回目のデートというと、ほどよくお互いのことを知ることが出来ていますし、もう次のステップへ進むべきタイミングだとみてとれます。
そこを逃すと、女性側の気持ちが盛り下がってしまいます。
そう…とにかくタイミングが大切なんです。
ですがそれが全てではありません。

3回目で断られる男性の特徴

タイミングが大切だということをお伝えしてきましたが、単に空気を読めてないパターンか、男女の感覚の違いからくるパターンのどちらかに分かれます。
これまでの自分の行動パターンを思い返しながら、下記の特徴一覧と擦り合わせてみることをおすすめします。

①連絡がマメじゃない

タイミングを計ってるのか・メールが苦手なのか・忙しいのか・・・
いずれにしても連絡がマメじゃない人は「不誠実な人」という印象を与えてしまいます。
また女性からすると「自分に興味ないんだな」と、気持ちが冷めてしまいます。
交際に至るまではお互い手探り状態がゆえに、つい悪い方にイメージを膨らませてしまうものですので、最低限連絡はマメに取りましょう。
仕事上どうしても連絡頻度が少なくなりがちな人は、事前に伝えておくことをおすすめします。

②相手に好意を伝えていない

なにも伝えずにデートの回数を重ねるのは、実は相手にとって疑問でしかなくて・・・。
長期的なお付き合いを希望するのであれば、その意思を伝えた上でデートを重ねていくことをおすすめします。

③プランが自分本位

デートはお互いが楽しめたらベストなものですが、まずは女性ファーストで考えることが大切です。
しかし自分の興味関心やおすすめばかりを押しつけてしまっては、女性側も困惑してしまうことでしょう。その場では合わせていたとしても、デートが終った後にぐったり・・・なんてことにもなりかねません。
相手の希望も汲み取りながらデートプランを組み立てることが重要になります。

④プレゼントが高額すぎる

パパ活ではデートの際に相手にプレゼントを贈ることは、普通のことかもしれません。
女性側もプレゼントされたらもちろん嬉しいものでしょう。
しかし、あまりにも高額すぎるものは逆効果・・・気を遣うだけでなく、ひどい場合には引いてしまいます。
また、これみよがしに高価なものを贈って恩を売る好意もナンセンス・・・。
プレゼントを贈る際は「さりげなさ」を心掛けてみると良いでしょう。

⑤体の関係を強く求める

最初のデートである程度お互いの希望はすり合せると思いますが、一度体の関係を持ったとしてもその後の求め方は重要なポイントになってきます。
女性は男性よりも「心の繋がり」を重視する傾向にありますから、体目当てと思われないよう、距離の縮め方は意識していきましょう。

まとめ

デートの回数を重ねる=成功ではないということがわかって頂けたのではないでしょうか?
今回ご紹介した内容は、恋愛において言えることだと思われがちですが、パパ活においても同じ事がいえます。
お互いのニーズを満たすことが出来る関係を築くことはもちろん、それ以上の「心の満足度」を目指してお相手と向き合ってゆきましょう。