ドライな女性、さっぱりした女性、サバサバ系。

こういった相手が愛人ですと、掴み所がないような感じがして、一体何を思っているのかを考えてしまいますよね。

時には、「本当に好きで付き合っているのか」など不安に感じることもあるでしょう。

今回は、ドライな女性とのお付き合いやメリットを記述していきます。

ドライな女性は愛人にぴったり

ドライな愛人たちは、男性を気遣っているがゆえに、連絡をしない方が多いのです。

きっとそれが、相手にとって心地の良い距離だと思っている人もいらっしゃるでしょう。

また、自分がされたら嫌だから相手にもしない、という女性もいるのです。

こういった男性の立場を考えて行動するのが、ドライな女性の特徴でもあります。

そして、ドライな女性は、精神的に大人で自立した人が多いという特徴も。

男性に依存をすることがなく、支えあう関係を築けるのです。

彼女らは、男性側がよく言う「面倒くさい」「重い」をしっかりと理解しているのでしょう。

ですから、愛人にするのであれば、ドライな彼女は、丁度良い存在になるかもしれませんね。

一見、冷たい行動が多いように感じる、ドライな女性。

実は、深い愛があるのかもしれません。

積極的になってほしいのなら

ドライな女性は、考えて結論を自分の中で出している場合があります。

いわゆる「自己完結型」というもの。

例えば、好きな男性に連絡をしたいな、と迷ったときに、恋愛相談と称して友人にどうしようか相談をすることってありますよね。

自己完結型の女性は、他人に相談することがほぼありません。

「用事もないのに連絡をしたら困るだろう」「忙しい人だから時間を取らせるわけにはいかない」

悩みに関して一人で考え抜き、他に相談することなく答えを出せるタイプの人間なのです。

ですからこういった場合、彼女の中で出ている答えを、訂正しなければなりません。

もし、連絡の頻度を増やしてほしいのなら、素直に気持ちを伝えてみるのがベストと言えます。

「君からの連絡が少なくて、寂しさを感じているんだ。もっと連絡をしても良いかな」

ストレートに自分の気持ちを伝えることで、彼女が一人で出していた答えは間違っている可能性があると、気付かせることができるはずですよ。

次に、積極的に話しかけることも重要です。

何の会話にしろ、一言加えるのが、ポイントとなります。

例えば「今日、美味しそうな店をみつけたんだ。今度一緒に行こう。」

この言葉に、続けてみましょう。

「ウェブでメニューをみたんだけれど、〇〇が美味しそうなんだよ。」

もう一歩踏み込んだ会話になっているのが、おわかりいただけますか。

別の例を、出しますね。

「この本読んだことある?俺、とっても好きでね。貸してあげるよ。」

これに、加えるならば

「この作者はね、他にもいろいろ書いているんだ。得意なのはミステリーっぽいけどね。」

など、彼女が拾いそうなワードを会話に散りばめてみてください。

それでも、ドライだった場合。

その彼女に、合わせてあげましょう。

もしかしたら、まだ信頼されていない可能性もありますから、そっとしてあげた方が良いかもしれません。

時間と共に、彼女のことを知るのも楽しいかと思います。

愛を少しずつあたためてくださいね。

まとめ

他にも、ドライな女性は、物事を冷静に見る力があります。

ですから、感情の起伏が少なく、落ち着いたデートが可能と言えるでしょう。

冷たいように感じる場面が多いと思いますが、そこには深い愛があるのをお忘れなく。

交際クラブには、そういった、良い意味でドライな女性も登録しています。

お付き合いをしてみたら、世界観が変わるかもしれませんね。