男性の皆様は、女性とデートをする際、どのようなプランをお考えでしょうか。

交際クラブでのデートでは、女性への交通費やお店の予約や支払いなど、すべて男性側がサポートするかたちになります。

デート内容によっては、女性を喜ばせることはもちろん、反対に嫌悪感を抱かせることにもなりかねません。

せっかく巡り会えたご縁ですから、初回から好印象を持ってもらい、末永く良い関係を築きたいものですよね。

今回の記事をご参考にしていただき、今後のデートプランにもお役立てください。

まずはお食事をしてから

はやく大人のお付き合いをしたいからと、ホテルなどに直行するのはあまりお勧めできません。

お相手も出会いを求めて交際クラブに登録している人物であるとはいえ、初対面では非常に緊張しているはずです。

つい先ほど出会ったばかりなのに、いきなり密室に連れられては、不安に思う女性も少なくないでしょう。

レストランでランチやディナーを楽しみながらじっくりお話をするのが一番ですが、その時間がとれない場合でも、せめてカフェで軽く1杯お茶をするなど、お互いを知っていく時間は省くべきではないと言えます。

欲望に任せて本能のままに行動してしまうのではなく、目の前のお相手としっかり向き合い、誠実に接する紳士的な態度は、貴方の魅力をさらにアップさせますよ。

はやる気持ちを抑えた先に愛人との素敵な時間が

たとえ「当日から大人のお付き合いOK」の女性であっても、初対面でいきなり密室に連れ込まれては困惑してしまうでしょう。

何事もフィーリングを確かめることは大切ですし、30分でも1時間でも、コミュニケーションを取る時間を軽視してはいけません。

「ただ若い女性と遊べれば良い」男性や「サポートさえ受けられれば良い」女性もいるかもしれませんが、それだけの関係は、なんだか味気なく感じてしまいます。

スタッフ目線で見ても、事前にレストランやカフェでの時間を大事にする男性は、お誘いを受けた女性からも非常に好印象なことが多いのです。

ビジネスシーンでも、本題に入る前に場をあたためる「アイスブレイク」という手法があります。

アイスブレイクとはその名の通り、緊張で硬直した雰囲気を氷に例え、その空気を溶かし、壊すという意味。

本題に入る前にやわらかい空気を作り出すことで、うまく場を和ませ、その後のコミュニケーションを円滑にするのです。

大きな目標に一直線に進むのではなく、まずはこういった準備運動から始めることで、結果的にはやくゴールにたどり着ける可能性が高まります。

まとめ

すぐに関係を迫るのではなく、お互いを知っていく時間をどれだけたっぷりとれるかが、今後のお付き合いの鍵を握っています。

理想の関係を築くためには、一見、遠回りに思えることも面倒臭がらずに行う心意気と辛抱強さが肝心です。

当倶楽部のスタッフも微力ながらお力添えさせていただきますので、ご相談などがあれば遠慮なくお問い合わせくださいね。