貴方は、交際クラブで意中の相手に巡り会えた時、どのように行動しますか。

親密な関係になりたい気持ちと、じっくり仲を深めたい気持ちが入り交じり、どうしたら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

特に、お二人の出会いのきっかけが交際クラブだった場合には、尚更かもしれません。

愛人との距離の縮め方について、ご紹介いたします。

やってしまいがちな例とは

実は、意外に多い悪例が、やみくもに勇気だけを奮い起こして告白してしまうことです。

一見、男らしくも映りますし、玉砕覚悟でも行動した方が良いと思うのかもしれませんが、待っているのはその通りの結果でしょう。

感情の赴くままに行動しては、貴方を気に入っていた女性まで引かせてしまい、せっかくうまくいったかもしれない関係をブツっと切ってしまうことにもなりかねません。

段階を経ない告白は、言ってしまえば独りよがりの行動であり、相手への思いやりが欠けている行為になります。

お互い割り切った関係であるとはいえ、好きな気持ちを一方的に押し付けて、誤った行動が行き過ぎれば、それはもうストーカー行為と紙一重。

それでは、女性に良い印象を持ち続けてもらうためには、どうするべきなのでしょうか。

愛人女性との距離の縮め方

仮に、女性側にも自分に気があるなと感じた時でも、それを鵜呑みにして、すぐに付き合ってくださいと告白してしまう人は、女性に敬遠されてしまいます。

交際クラブでの関係であれ、通常の恋愛と同様に、段階を踏むことは非常に大切です。

お互いに少しずつ相手を知り、距離を縮めていくプロセスこそが醍醐味ではないでしょうか。

ロマンチストな女性にとっては、そこの部分こそ最も味わいたい部分であるのに、会って間もない相手からいきなり関係を迫られては、嫌悪感しか持ちません。

男性にとってまず必要なのは、女性との信頼関係を作っていくことです。

そのためには、相手のことをよく知り、自分のことをよく知ってもらうことが第一歩になります。

女性は基本的に、よっぽどのことがなければ、自分に好意を寄せてくれる男性に対して悪くは思いません。

しかし、自分のどこを好きになってくれたのかなどの理由付けは、かなり重要度の高いものと言えます。

そこを理解して納得してこそ、男性からの好意を受け入れられるようになるからです。

初回のお顔合わせでは、お互いのことを話す機会をたくさん作りましょう。

そして、一緒に過ごせる時間をできるだけ多く共有してください。

ここまでたどり着けば、あとは一緒にいる時間の中で、女性の困っていることをフォローしてあげたり、悩みがあれば聞いてあげたり、彼女にとって未知の経験をさせてあげることで、徐々に大切な存在になっていけるはずです。

まとめ

「交際クラブに登録する女性には何をしても許される」

「きっとこちらにも好意があるのだろう」

「早く親密になりたい」

そう決めつけたような、地に足がついていない状態での告白は、玉砕という結果しか待っていないことが常なのです。

一人の人間として信頼に値すると思ってもらえれば、女性は貴方が自分のどこを好きになったのかを知りたがります。

その気持ちを大切に、言葉と態度でしっかりと示していけば、相手にも思いが伝わり、継続的な関係への準備が整っていくでしょう。