一生懸命、女性を気遣っているにも関わらず、なぜか関係がギクシャクしてしまうことはありませんか。

関係を壊さないために気を遣っているはずなのに、なぜそんなことが起きてしまうのでしょう。

良い意味で、お互いに必要以上に気を遣わない相手になるために、できることを探っていきます。

必要以上に気を遣ってしまうのはどんな時か

お付き合いしている相手に気を遣うのは、どのような瞬間が思い浮かびますか。

相手が疲れていそうな時でしょうか、それとも落ち込んでいるときでしょうか。

確かに、相手を想う気持ちは大切なのですが、気遣うその気持ちがどこから出ているかで違ってきてしまいます。

やはり気遣うという行為には、「相手に嫌われたくない」「好感をもってほしい」などの気持ちが大きく表れるでしょう。

しかし、その行為は、受け手にとってどのように感じるか考えてみることも必要になります。

もしかしたら、あなたの気遣いは、相手にとっては迷惑に感じているかもしれません。

また、気遣いが露骨すぎて相手が引き気味になっている可能性も。

それでは、せっかくのあなたの気遣いも、逆効果になってしまいかねません。

良かれと思ってしてあげた気遣いが逆に相手の負担になってしまうと、相手もまたあなたに気を遣ってしまう悪循環から、関係がギクシャクする要因になります。

気を遣うときは、それをなるべく悟られないようにすることが必要です。

さりげなく気遣えるようになれば、ギクシャクすることも少なくなるでしょう。

愛人に対して気を遣いすぎないためには

必要以上に女性に気を遣いすぎると嫌われるのではないかと、自分の意見や気持ちを伝えられなくなる場合があります。

しかし、会話の流れを少し変えてみることで、相手を否定することなく、かつ自分の意見を伝えることもできるのです。

女性の意見を否定してしまわないよう、共感したうえで、貴方自身の意見も話します。

そうすることで女性は、自分の気持ちを受け入れてくれたと感じ、貴方の意見にも耳を傾けてくれるようになるはずです。

相手に気を遣って自分の意見を上手く伝えることができないと、やがてそれがストレスになり、疲れてしまいます。

また、できないことをできないと伝える場合には、

「できないけれど、ここまでは協力できる」

「今日は行けないけれど、あらためて日程を決めてくれたらいける」

などというように伝えてみてはいかがでしょうか。

「できない」「いけない」と言い切らないことで、受け手の捉え方は違ってきますし、必要以上に気を遣わせなくても済みます。

全て受け入れる、また否定してしまうだけでなく、しっかり自分の意見を持ったうえで接することができると、より良い関係に発展するはずです。

まとめ

お互いに気を遣わない存在になりたいがゆえ、全てを相手に合わせてばかりでは、いつか疲れ果ててしまいます。

癒やされるために交際クラブを利用しているのに、それが原因で疲弊してしまっては悲しいですよね。

そうならないためにも、自分の意見を持ったうえで相手に共感してあげるようにしてください。

少し考えを変えるだけで、貴方にとっても相手にとっても、お互いが気の置けない存在になれるのではないでしょうか。