交際クラブとは、知る人ぞ知る倶楽部であり、特に男性側においては誰でも入会できるわけではありません。

普通の一般企業で働いているサラリーマンにとっては、交際クラブという謎めいた場所には縁遠く、日々仕事や家庭に追われてあっという間に月日が過ぎ去ってしまうことでしょう。

仕事で成功をおさめ、余裕があるからこそ、交際クラブに入会するという選択肢にたどり着きます。

倶楽部に入会してからは、週刊誌やゴシップ誌で読んだことのあるような愛人とのリアルな逢瀬を体験していただけることでしょう。

あんなことやこんなこと、非日常の刺激的なデートが貴方を待ち受けているのです。

何歳になっても男女の色恋話には花が咲く

当倶楽部では、実際にデートを終えられた際の感想を、後日スタッフ宛までいただくケースが多いです。

もちろん、スタッフも野暮なことは聞かぬよう、会員様からお聞かせ下さることのみを、あくまでその場だけで内密にお聞きします。

その内容は、、、ここに書くには少し過激すぎるようなことから、甘酸っぱい青春を思い出すかのようなフレッシュなエピソードまでさまざま。

時には、初デートが思ったように上手くいかず、会員様と一緒になって残念に思ったり、アドバイスを求められた際には、これまでの長年スタッフとして見聞きしたケースを引き合いにお伝えさせていただくこともあります。

このように、会員様が話したいことだけを話したい時に話せる倶楽部というのは、恐らく当倶楽部だけなのでは!?とも思うのです。

冒頭でも述べたように、あくまで交際クラブでの出会いから、その後のお付き合いは全て秘めごとであり、良い話も悪い話も含めて、言いたくても言えないことがあるでしょう。

それを、おひとりで抱えるには限度があるのではと考えます。

面談でスタッフと会員様が直接お会いすることもありますが、会っていない間柄であっても、交際クラブの内情を誰よりも詳しいスタッフだからこそ気兼ねなく話せるケースもあるのです。

言いたくないことは聞かずに、言いたそうなことは上手く引き出します

スタッフは、日々いろんなカップルのセッティングをお手伝いしています。

よくあるケースの一つですが、「ドンピシャの好みだと思って会ってみても、なんか合わなかった。一回限りで終わってしまい二回目以降は会えなかった」という場合です。

この子はタイプ!良い子に違いない!!どんなお付き合いが出来るんだろう。。。どんなサポートをしてあげようか、などたくさんの想いを巡らせて期待値が高まってしまえばしまうほど、実際に会って感じる落差は大きいものとなります。

そんな時、誰かにその思いを吐き出したくなるはずです。

まさか、お相手の女性にそれを伝えることはないでしょうし、SNSにつぶやくわけにもいきません。

どうぞ気兼ねなく、セッティングを最初から見守っているスタッフにお聞かせくださいませ。

まとめ

交際クラブの楽しみ方はさまざまあります。

そのうちの一つに、愛人とのエピソードを気兼ねなく披露できる!というのも知っていただけたでしょうか。

ぜひ、皆様からの惚気話を、口の堅いスタッフ一同でお待ちしております。