愛人関係にある女性も、常に自分を理解し、無条件で受け入れてくれ、愛してくれることを望んでいます。

もちろん言葉で「愛しているよ」「好きだよ」と言われれば、それも嬉しいでしょう。

しかし、女性がさらに嬉しく感じるのは、あなたの何気ない仕草や気遣いに触れた瞬間なのです。

愛情を態度に表すことの大切さを、今一度、確認していきたいと思います。

愛人女性が望んでいる愛情表現とは

女性は、男性の態度から自分に対する気持ちをくみ取り、本当に愛されているかどうか判断するようです。

常に愛されることを望んでいるということは、逆に言えば常に不安に思ってしまう側面があるとも言い換えられます。

女性は自分で意識している時もそうでない時も、気になる男性のことを目で追いかけており、自分のことを見てくれているかを気にしてしまうのです。

そんなふとした瞬間に目が合い、男性がニコっと微笑んだり、愛おしむ表情をしていたり、小さく手を振ったりなどの態度で気持ちを表現していれば、それこそが女性が最も望んでいる愛情確認であると言えます。

態度は言葉よりも伝わるもの

上記のように、普段の男性の行動や態度は常に女性に見られており、愛情のバロメーターとなっていることがご理解いただけたと思います。

中には気にしないタイプの女性もいるでしょうが、多くの女性は男性を観察しているものです。

そのような視線を送られた時、愛されている安心感をお相手に与えられるように常に心がけましょう。

意図的にそうしてあげるのが優しさと言えるのではないでしょうか。

皆様にとって身近な例を挙げるとすれば、デート時のお待ち合わせです。

女性を見つけた時の目の合わせ方や嬉しそうな表情、近づいていく時の小走りな感じ、「待った?」と気遣う問いかけなど、自然に湧き出るポジティブな気持ちをそのまま出すことが大切になります。

わざとらしくすると、むしろ逆効果になってしまいますので、本心からの自然な気持ちを表に出すことを忘れずに。

まとめ

一緒に歩く時にさりげなくご自身が車道側を歩く、寒くなってきた時に上着を貸す、車のドアを開けてあげるなどの行動は、従来からある、態度で表せる代表的な気遣いでしょう。

時代が変わって表現の形が変化しても、本質は変わらないものです。

どうすれば女性に愛されている実感を与えられるかを、その時代に合ったやり方で示す工夫が重要となります。

何かお悩みのことがございましたら、お気軽に当倶楽部スタッフにご相談くださいね。