目の前のお相手を誰かと比較することは、あまり良い影響を与えません。

例えプラスの意味だとしても、周りよりも何かが秀でていることを他人と比較して褒めた場合には「自分は人よりも優れている」「あの人はダメな人だ」という考え方になります。

逆に、周りの誰かを、その人よりも優れた人と絶えず比較していても、その影響で「自分はダメな人間だ」という劣等感を持ってしまうことにも。

競争社会で勝ち抜いていくためには、時おり比較すること、そして劣等感を払拭して強い心を育てることは重要であるかもしれません。

しかし、交際クラブでの間柄において誰かと比較することはほとんど良い影響はないので、特に注意が必要です。

無意識に他の女性と比べるような発言をしていないか

最初に理解していただきたいのは、男性と女性は根本的に思考が異なるという点です。

女性の多くは、自分を他の女性と比較する癖があるということを覚えておかなければなりません。

そのため、実際には他と比較しているわけではなくとも、そう取られてしまうような言動には注意が必要でしょう。

例えば、「意外にそうなんだね」といった驚きの言葉も、気を付けるべきワードです。

男性にとっては「自分が思っていたのと違っていて好印象だ」といった単純な発想から出たものかもしれません。

しかし女性にとっては「他の女性はこうだけど、あなたはこうなんですね」と比較されているように感じることが多いようです。

他にも「君はこうしないの?」といった質問にも注意が必要になります。

男性としては単純に「この髪型は見たことないから見てみたいな」とか「こういう服装をしたら似合うのではないか」といった考えから出た言葉なのでしょう。

しかしこの質問も女性にとっては、別の女性のことを念頭に置いて「君はなぜその人のようにしないの?」と受け取ることが多いのです。

もちろん、全ての女性が同じように受け取るわけではありませんが、一般的な女性の思考の癖として、周囲と比較してしまいがちということを覚えておいてください。

なぜ他の女性と比較することが良くないのか

比較することは、他の女性の影を感じさせる可能性があるので注意しなければなりません。

他にも定期的にサポートをしている女性がいて、常にその女性と自分が比較されているのではないかと思わせてしまうのです。

そうすると嫉妬深くなったり、懐疑的で束縛が多くなってしまうこともあるので、交際関係にヒビが入ってしまいかねません。

また、常に比較をしているように思われると女性が打算的になってしまうということもあり得ます。

その結果として、せっかくのお付き合いもビジネスライクな冷え切ったものになってしまうでしょう。

まとめ

男女関係において、比較が良い影響を及ぼすことはほとんどありません。

誰かと比べてばかりでは、女性を傷つけるだけでなく、やがて貴方自身の価値を下げてしまうことにもなりかねないのです。

目の前のお相手としっかり向き合うことで、交際クラブでの出会いがより実りあるものとなるのではないでしょうか。