皆さんは、気になる女性とどのようなデートをされていますか。

ドライブやお買い物など、さまざまなデートを楽しまれていることと思いますが、その中でも欠かせないのは、やはりお食事デートではないでしょうか。

食事に加えて、お酒もあれば、女性との距離も近づきやすいかと思います。

ですが、相手女性の気持ちをしっかり掴みたいのであれば、お酒の力に頼らない方が良いケースもあるかもしれません。

お酒=酔っていると思っている女性

お酒好きの男性の皆さまには残酷かもしれませんが、女性にとってはお酒を飲んでいる状態=酔っていると受け取りがちのようです。

つまり、お酒を飲んだ男性は正常な判断ができないと思われているということ。

お酒の一杯や二杯は酔った内にも入らない、と思う方もいるでしょう。

しかし、近頃では20代でお酒を全く飲まない割合が25%となっているからか、お酒に対する価値観がだんだんと変わっているようです。

全く飲めない若い世代の彼女らは、お酒に対し偏見があるのかもしれません。

若い女性かつお酒を嗜まない方には、アルコール抜きのアプローチ法が最適と言えます。

お酒を飲まなくてもアプローチできる方法

第一に「お互いの共通点を見つける」というのを意識してみてください。

趣味または出身地の話は、共通点を見つけるのに適しています。

訪れた観光地や特産品でも話題が広がるでしょう。

「会話は連想ゲーム」とも言い、話題一つに対してつながるキーワードをさがしていくのが鍵となるのです。

例えば「東京」といえば、東京タワーの他にも、お土産は雷おこしが有名であり、夜の街が印象的だと思います。

この話では、東京と雷おこしをチョイスしてみましょう。

「東京出身なんだ。じゃあ雷おこしとか食べたことある?」

女性が「食べたことがない」と回答したら、次に頭の中で、雷おこしを思い浮かべるのです。

そこからの連想は、硬いもしくは浅草かと思います。

「硬いの苦手なの?」

と質問が頭に浮かびませんか。

このように、話題や質問で場をつないでいくのがポイント。

とはいえ、交際クラブの出会いはお見合いではありませんから、気持ちを楽にしてくださいね。

全く会話が思いつかないという場合でも大丈夫です。

交際クラブに登録している女性たちは気が利く方が多いので、むしろ女性の方から話題を提供してくれるでしょう。

また、何時どんな場所でもお酒を飲んで女性とデートするわけにはいかないですよね。

素のままの自分であっても楽しめる。

そんな関係を築けたら素敵ではありませんか。

素面でも楽しめる愛人をつくってみるのも、良い体験になるかもしれないですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お酒デートも、女性との距離を近づけるには、とても良いデートプランと言えます。

とはいえ、お酒を飲まなくとも楽しめる愛人がお一人いても悪くはないと思いませんか。

銀座クリスタル倶楽部は、貴方に合った女性をご紹介させていただきます。