何に対しても、相手と目線の高さを合わせることの大切さはよく耳にします。

例えば、ご年配の方と話をする時には膝を折って屈みこみ、同じ目線で会話をする。

その結果、ご年配の方も気兼ねなく、そして和やかに話をしてくださいます。

これは、子どもたちと話す時にも同様に当てはまるでしょう。

子どもたちは目線を合わせることで安心して近寄ってきてくれます。

目線を合わせる行為は心理学的にも効果のあることが実証されており、人との距離感を縮めるのに大きな力を発揮するのです。

上記は、もちろん交際クラブでの関係にも当てはまると言えます。

愛人がほしいなら目線で相手を落とす

まずは、目線を合わせるように意識すると良い結果を生みます。

もちろん、いきなり目をのぞき込むようなことをしては問題になりかねません。

大切なのは、自然に相手の目線の高さに合わせることです。

会話の際にちょっと腰を折るだけでも十分でしょう。

もしくは、お相手が椅子に座っている時にはご自身も少し腰かけて話すだけでも効果を期待できます。

心理的な効果も得られる

なぜ目線を合わせると良い効果が期待できるのかというと、そうすることでお相手に安心感を与えられるからです。

目線を合わせることは「あなたの話が聞きたい」というメッセージになります。

女性は「私に興味を持ってくれている」と感じることで、そんなに想ってくれる男性をもっと理解しようと努めるのです。

そして何より大切なのは、形だけでなく、実際によく耳を傾けて話を聞くこと。

前述の通り、目線を合わせる目的は「話を聞きたい」「あなたに関心がある」と無言で伝えるためです。

せっかくそのような振る舞いができても、話を全く聞かないようであれば逆効果になってしまいます。

ですので、目線を合わせたらしっかりと相手の話を聞きましょう。

会話の途中には相槌を打ったり、「それはこういうこと?」と質問するのは重要です。

そうすることで「あなたの話は楽しい」「きちんと聞いて理解したいと思っている」という気持ちを伝えられます。

まとめ

目線を女性に合わせることは、継続的なお付き合いのきっかけとなる大切なテクニックです。

しかし、所構わず多用すれば良いというわけではありません。

シチュエーションや頻度をよく考えて使うことで効果を発揮します。

あまりにも最初から近づきすぎると、不快に思われてしまう原因にも。

さりげなく、そして適度な距離間で、不意に目線を合わせてみると良いでしょう。

特に背の低い方、または年齢が離れている方にアプローチしたいと思っている場合には、より効果的です。

お若い女性を相手にすることの多い交際クラブの利用時に、ぜひご活用いただければと思います。