交際クラブのお相手に、完璧を求め過ぎている男性はいらっしゃいませんか。

長続きする関係を目指すのであれば、女性の短所も個性のひとつとして認める心意気が大切です。

そうは言っても、お相手の全てをすんなりと受け入れるのはなかなか難しいもの。

そこで今回は、短所も個性として認めるための効果的な方法を探ってみます。

視点を変えてみる

貴方は、彼女の短所をいくつ挙げることが出来ますか。

中には彼女が完璧過ぎて欠点が見つからないという方もいらっしゃるかもしれませんが、男女を問わず、大抵の場合ひとつやふたつ程度は思い浮かぶものです。

しかし、短所も視点を変えることでプラス面にできます。

例えば「大雑把」というと欠点のイメージになってしまいますが、「おおらか」と表現すると、いかがでしょうか。

些細なことで悩まず、前向きで明るいプラスのイメージになりますよね。

加えて、小さなことにこだわってしまう神経質なタイプは、どのように感じますか。

「繊細」という言葉に変えることで、周囲の些細な変化に気づける人といった印象に変化します。

このように、ネガティブな表現を使わないようにするだけで、短所だと思っていた部分がその人の長所になり、さらには個性のひとつとして受け入れやすくもなるのです。

自分の短所を知って認める

次に、貴方自身の短所とは何か、確認します。

ご自身が短所だと思っている部分に対して、交際相手だけでなく、仕事仲間や友達、または兄弟姉妹はどう思っているか考えてみてください。

その部分のせいで、これまで誰かに嫌な思いをさせてしまった経験はございませんか。

大人になってから思い当たることが少なくなったかもしれませんが、昔からの付き合いで親しい友達や家族に対してはいかがでしょう。

貴方にも短所があることを理解し、それも個性の一部であると認められれば、お相手の短所も同様に、その方の個性だと認めて受け入れられるはずです。

「お互い様」という言葉がありますが、その言葉の通り、互いに欠点を認めて歩み寄れるかどうかが、交際を長続きさせる上で欠かせないポイントだと言われています。

愛人関係であっても、100%理想に叶う相手というのはまずいません。

ダメな部分を認めてくれて、受け止めてくれる存在は、とても頼もしく感じるでしょう。

まとめ

女性の短所も個性のひとつとして認める方法について確認してきましたが、いかがでしたでしょうか。

クラブを通してお会いした当初は気にならなかったことも、継続的な関係になってくると少しずつ気になり始めてしまうケースもあります。

今回お伝えした視点の切り替えが出来るのは、社会経験が豊富で懐の深さがある皆様だからこそ。

これからさまざまな経験を積んでいくお若い女性の短所には、目を瞑る優しさを持ち、リードしてあげられれば、女性もきっと貴方を受け入れてくれるようになるはずです。