一般的に女性は、感情面・直感力に優れている傾向があり、記憶の処理の仕方も男性脳と少し違っているようです。

女性脳と男性脳を比較することで一層、理解が深まるでしょう。

交際クラブの出会いでも活用出来るように、両者の違いを把握していきます。

男性脳と女性脳はこんなにも違う

1.直感や感性が優れている

冒頭でも触れましたが、女性脳は直感や感性が優れ、反対に男性脳は論理的思考に優れているようです。

女性脳の割合が強い人は、性質的に直感と感性が磨かれていることが多く見受けられます。

オシャレやデザインに関心が高い女性が多いように、女性脳を持つ人は持ち前のセンスで瞬間に良し悪しを判断できる傾向にあるでしょう。

対して男性脳は、筋道に沿った合理的な考えから判断します。

2.恋愛は基本的に上書き保存

恋愛において、女性脳は過去の出来事を新しいものに書き換えて上書き保存しますが、男性脳は過去の恋愛をしっかりと整理し、女性ごとにフォルダ保存をしているようです。

女性脳は恋愛経験を上書きして古い記憶を次第に忘れていくため、吹っ切れるのが上手なタイプと言えるでしょう。

男性脳はフォルダに保存してコレクションするような部分があり、いつまでも思い出に浸ってしまうタイプと言えますね。

3.会話に共感を求める

女性は共感重視のタイプです。

女性と一緒に過ごす際には会話を否定することなく、受け入れてあげましょう。

否定せずに受容してあげることで、より心を開いてくれるはずです。

男性脳タイプは会話をする時、常に結果や解決を求めてしまうので、女性脳タイプとは根本的に合いません。

女性の話を聞き入れるようにすると良いでしょう。

4.過程を楽しむ

女性脳タイプはプロセス重視なので、何をするにもじっくり楽しみたい気持ちが表れます。

男性脳タイプのように、プロセスより結果だけ知りたいということはあまりないようです。

女性はスローペースで実行、過程を記録したり、周囲とシェアするのを楽しむ傾向が強いようですよ。

5.変化に敏感

周囲の些細な変化を察知するのが、女性脳です。

服装、髪型だけでなく、微妙な態度の変化なども当てはまります。

女性は変化を敏感に察知し、身の振り方を考える分析家な思考が強いです。

女性脳が強い人は、気遣いが出来るとも言えるでしょう。

6.社会性が高い平和主義

女性はあまり争いごとを好みません。

喧嘩しがちな男性脳タイプとは異なり、できるだけ感情に流されたくないのが女性なのでしょう。

周囲の意見をしっかりと尊重するのが平和主義である女性脳タイプ、反対に自分の意見を押し通したいような人は、男性脳タイプと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

女性は感覚で判断するような特徴があり、共感重視の一面もあるので、センスが重視されるようなときなど、周囲との協調性が必要な場面で力を発揮するようですね。

男性の皆様にとっては当てはまらない脳の使い方も多くあったかと思いますが、ご理解いただけたでしょうか。

今後、当倶楽部で出会う女性と接するうえでもいくつか心に留めていただき、お二人の関係がより円滑に進むよう願っています。