パパ活のデートでは、女性に「良いパパ」だと思ってもらえないと、その後のお付き合いになかなか発展しません。

女性という生き物は男性よりも細かい部分まで無意識にチェックしており、相性を確かめているもの。

男性が無自覚に行ってしまった行動が、お付き合いの成功率を左右している可能性は大いにあります。

今回は、パパ活女性に嫌がられるデートの行動をご紹介します。

相手の意向を無視して自分の好きな所ばかり行く

パパ活では、たまに「女性はついてくるだけだから僕が好きに決めていいよね」と自分勝手に行動する男性を見受けますが、これは女性によってはとても嫌がられる可能性が高いので控えましょう。

パパ活と言えど、デートとは相手ありきで成立するもの。

ご自身だけで楽しむならレンタル彼女に声をかければいいだけです。

パパ活女性は、仕事ではなくプライベートの時間を使って来てくれているのを忘れないでください。

たとえ、お小遣いが欲しいという動機でも、デートを楽しみたい気持ちを持っている方は案外多いのです。

苦手な食べ物やデートNGな場所など、事前に知れることはチェックしてデートコースを計画立てて行きましょう。

行きたい場所を事前に聞いてあげてデートコースを組むのも、好感度が上がりやすいです。

結局、男性に合わせる形のデートでも、女性の希望を聞いてあげると、「私に気を遣ってくれたんだ」と良い印象が残ります。

男性がしてくれたエスコートを、女性は忘れません。

自分勝手に立ち振る舞わない男性に対して、安心感を覚えて好感を抱いてくれることが多いです。

歩く時に歩調を合わせない

パパ活でのデートでは、女性はヒールのある靴でいらっしゃることがほとんどです。

男性からすると分からない感覚かもしれませんが、ヒールでたくさん歩くのは、非常に体力を使います。

にも関わらず、女性のペースを考えずに早歩きで移動をしてしまうと、無駄に女性の体力を削って疲れさせてしまうので注意しましょう。

女性からすると「こっちの様子を見ないでどんどん歩いていく人なんだ、あまり気遣ってくれるタイプじゃなさそう」という悪印象を持たれやすいです。

合わせるのが苦手という方や、女性の足が遅くてペースが合わないと感じることもあるかもしれませんが、もし自分が先に進んでしまったと感じたら「ごめんね、歩くの速かったかな?」と相手を気遣う言葉をかけてあげるだけでだいぶ違います。

最初から合わせてあげられるのが一番スマートですが、もし無意識に自分のペースで行動してしまったときには、相手に声がけをしてあげることを忘れないようにしてくださいね。

それだけで、印象はかなり変わりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まず第一弾として、デート中のNG行動をご紹介いたしました。

引き続き第二弾では、女性が嫌と感じる男性のNGな行動や言動をご紹介してまいります。

パパ活デートを成功させたい男性はぜひチェックしてください。