男女平等が重要視されている現代にあっても、男性と女性は違う生き物であると認めざるを得ない場面があります。

そのなかでパパ活でも遭遇するシーンのひとつが、女性から相談を受ける時です。

男性はよかれと思って相談にのるわけですが、ほとんどの方が逆効果になる行動をとってしまいます。

相談相手が同じ男性であれば、それは親身になってくれる最高の存在なのですが、女性にとってはありがた迷惑な行為になってしまうことも。

女性が相談相手に求めているものとは

男性がやってしまいがちな過ちとは、女性の相談に親身になりすぎるがゆえに必要以上の意見をしてしまうことです。

それが論理的だったり正論であればあるほど、女性は迷惑に感じてしまうものでもあります。

なかには、機嫌が悪くなり、態度に出てしまう女性も少なくありません。

なぜ、親身になってアドバイスしているつもりなのに、女性に感謝されるどころか不機嫌にしてしまうのか、理解できない男性が多いことでしょう。

その理由は、女性が求めているものはアドバイスではなく、共感だからです。

アドバイスを求めるのは男性のみ

男性は確かに相談にアドバイスを求めています。

ですから、自分が持っていなかった見識を得られれば、それに気付かせてくれた相手に感謝するものです。

しかし、女性は初めから男性のアドバイスなど期待していないケースも。

女性は男性と比べて、より愛されたい、ありのままの自分を受け入れてほしいという承認欲求が強く表れます。

まずは、悩んでいる自分のことを受け入れて、「分かるよ」と共感してもらいたいのです。

男性からすれば、アドバイスを求めて相談に来たのは女性のほうではないのかと腑に落ちないかもしれませんが、実は、ほとんどの女性は答えらしきものを既に出した上で相談しています。

ですから、男性のその指摘すら当てはまりません。

話を聞いたうえで、気持ちを分かってほしい


女性はとにかく、ただ「うん、うん」と聞いてほしいだけなのです。

しかもおざなりにではなく、しっかりと向き合って適切な相づちを打ちながら、ちゃんと聞いてほしいという気持ちを汲んであげることも重要となります。

「大変だったね」と労ってほしいだけのケースもあると覚えておきましょう。

もちろん、そうではない男女も一定数存在するであろうことも認めた上で、一般論として、男性は論理的に考えることを好むのです。

よって、全ての行動には目的と意味があるため、相談事においても実際の問題として捉えて具体的に解決しようとします。

一方の女性は、より直感的・感覚的に物事をとらえ、感覚を大切にする傾向があるとされているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この男女の違いを把握することが、女性から相談を持ち掛けられた男性が取るべき態度です。

余計なアドバイスを試みようとはせず、とにかく一生懸命、話を聞いてあげる姿勢が大切であり、頑張り方を間違えないようにすることが肝要になります。

交際クラブで親密になった女性から相談を受けた際にも、お相手が本当に求めているものを見極めた行動をすると良いでしょう。