昨今では、何に対しても男女平等が叫ばれていますが、そもそも男性と女性は異なる生き物です。

それぞれの得意分野を尊重し、苦手分野をフォローし合うことが関係の作り方の基本だったはずですが、いつの間にか、ただ役割を50対50にし、過不足をなくすことが目的になってしまったという経緯があります。

もちろん、男尊女卑のような考えは排除されるべきですが、男性と女性は根本的に違う生き物だという事実を完全に無視していては、問題がこじれてしまうこともあるでしょう。

それは、職場や家庭内はもちろん、交際クラブでの間柄でも同じことが言えます。

注意の仕方が肝心

皆様は職場で女性の部下や同僚を持つことも多いはずですが、彼女たちに仕事上での注意を行う際も、男女の違いを知らないと大惨事を引き起こす可能性があります。

そもそも部下を注意する行為自体が、上司にとっては責任を伴う難しい作業ですが、女性ならではの特徴や傾向を踏まえておかないとそのリスクは軽減されません。

例えば、上司が起きたミスに対する怒りを直接ぶつけてしまって、怒鳴ったり感情的な叱責になってしまうと、いくら上司の側に理があっても、叱られる側の女性には恐怖や憤りしか残らないのです。

結局は、女性社員の感情的な反発を買うばかりで、反省して次に生かすという最も大切なポイントは失われてしまいます。

男女間の感性の違いに気づけるか

女性は男性よりも感情的な生き物です。

もちろん、そうではない女性も存在しますし、反対に、感情的な男性も多くいるでしょう。

しかし、一般論と捉えた幅広く抑えておくセオリーとしては有効なものと言えます。

男性の場合には通用するかもしれない精神論上の解決策は、女性には一切響かないであろうことも抑えておくべきです。

男同士の連帯感のようなもので、気合だ、根性だと説明しても、女性からは軽蔑されるだけでしょう。

彼女たちに注意する際に必要なのは、どうして失敗したのかと原因を明確にし、次にどう改善するかをともに考えてあげることです。

承認欲求と自己肯定感

女性はよく、承認欲求が強いわりに自己肯定感が低いと言われます。

いつも周りの女性と自分を比べ、服のセンスで負けている、私の足のほうが太いなどと、コンプレックスを挙げればきりがなく、それなのに常に褒められたい、認められたいと願っているのも事実。

このセオリーを基にすれば、注意の仕方にも応用できそうです。

常日頃から、部分的にでも構わないので何かしら女性の成果や努力を認めてあげましょう。

身近なものであれば、あなたのために精一杯、身なりを整えて会いに来てくれた女性に対する感謝を忘れないなど。

そうした行為で築いた信頼関係は、いざ女性を注意する段階で有効に働くでしょう。

いつも褒めて、認めてくれている男性からの注意やアドバイスなら、きっと受け入れてくれるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日頃から今回のことを心がけているつもりでも、もし注意した際に感情的になって女性が泣き出してしまったら、いったん落ちつくまで待ち、いつもと変わらずに、何がいけなかったのかをもう一度冷静に話すことが肝要です。

直ぐに泣いてしまうのは良くないことだと自覚し、恥じている女性は意外に多いものなので、あえてそれを責める必要はありません。

家庭でも仕事でもパパ活でも、こういったシーンは多々訪れます。

その際にどう立ち回れるか、また、普段からそういった場面に遭遇したときの布石をどう打っておくかが、交際クラブをうまく活用するための鍵となるでしょう。