交際クラブには、若い女性が比較的多いので、10歳以上年齢が離れていたり、親子ほどの年齢差があったりする女性と出会った際に、一体どう接したら良いのわからないという男性も多いようです。

そこで今回は、年下の若い女性と程よい距離感でお付き合いするコツについてご紹介していきます。

年下女性との距離感で悩んでいる方、良い関係を築いていきたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

年齢が離れていても大人の女性として扱うこと

お相手の女性が年下だと、自分をかっこよく見せようと思って、上から目線で高圧的な態度になってしまう男性が時々いらっしゃいます。

ですが、女性に対してそのような態度を取り続けてしまうと、お相手は馬鹿にされていると感じ、怖い人なのではと誤解をしてしまう可能性があります。

いくら人生経験が少ない年下女性であっても、決して見下した態度で接してはいけません。

一人前の大人の女性として扱い、紳士的な態度で接するように心がけましょう。

相手との距離を急に詰めようとしないこと

若い女性だから簡単にものにできるだろうと、馴れ馴れしい態度で迫り、急に距離を詰めようとする行為もNGです。

もちろん、ある程度親しくなったら、徐々にため口を聞いたり、あだ名で呼ぶなどフレンドリーに接しても構いません。

でも、初対面やデートの回数が少ないうちは、ほどほどの距離感を保ちながら女性と接したほうが良いのです。

あまりガツガツし過ぎると、女性が引いてしまうかもしれません。

いきなり距離を詰めようとせずに、少しずつ相手と親しくなる努力をしていきましょう。

焦らずに、大人男性の余裕を見せておくことが、年下女性とうまく付き合うコツです。

年上男性に甘えられるのが苦手な女性もいる

徐々に親しくなってくると、女性に甘えたくなる男性も多いようです。

ただ、中には年上男性に甘えられるのが嫌だという若い女性もいますので、気を付ける必要があります。

とはいえ、仕事のストレスを癒やしたいとき、人恋しくなったときなどに、ふと年下女性に甘えたくなることもあるかもしれません。

そんなときには、さりげなく甘えてみて、お相手の反応を見てみると良いでしょう。

相手が受け入れてそうであれば、思いっきり甘えてみても良いかもしれません。

もしも、女性が少しでも不快そうな顔をしたら、ベタベタ甘えるのは避けたほうが無難です。

まとめ

交際クラブで出会ったからとはいえ、年下女性と上手に付き合うためには、最初のうちはあまりベタベタしすぎずに、程よい距離感を保つことが重要となります。

そうはいっても、お相手に遠慮しすぎて、距離を開けすぎてしまうのもよくありませんので、バランスを取るのが難しいところです。

特に、年下女性と接するのが初めての男性だと、より難しいと感じてしまうことでしょう。

そのようなときには、相手の女性も同じように年上男性とどう接するべきか悩んでいるケースが多いのです。

どうしても距離感がつかめないときには、そのことを素直に打ち明けてみることで、相手の女性も安心して心を開いてくれるかもしれません。