あるアンケート結果によると、20代後半の一般女性の平均年収は192.2万円で、月のお小遣いは3.2万円ということがわかりました。

しかし、20代後半の富裕層女性の平均年収は348.5万円で、月のお小遣いは13.1万円と、平均と比較してとても格差がある結果となっています。

若いために贅沢できる女性が少ない中、ブランドのバックや洋服を身につけ、豪遊している女性もいらっしゃるのです。

親がお金持ち、または若くして自分で稼いでいる女性も含まれるかとは思いますが、昨今ではパパ活をして、日々の暮らしをサポートしてもらっている女性もいらっしゃります。

女性は何にお金を使っている!?

生活費以外での使い道は洋服代が圧倒的に多く、これは20代女性ならではの使い道でしょう。
毎月の生活費に対しては「余裕がない」と回答した人が多く、老後のお金に対して不安と思っている人が多いことがわかりました。

お金については年齢や世代によって違いがありますが、若い頃から将来が不安である人生を送ることは寂しいものです。

一般的に、若いうちはお金で苦労した方が良いと言われています。

若い頃に苦しい思いをした結果、得られるメリットも多くあるでしょう。

ですが、若い時にお金に余裕がある環境だからこそ、その後の人生を大きく変えるチャンスを手に入れることが出来る場合も多いです。

学校の費用、留学費用、若くして起業にチャレンジするのであれば資金も必要ですよね。
視野を拡げるために海外旅行に行くのにも、それなりのお金は必要となるでしょう。

その女性が、将来、どうなりたいかのビジョンによっても変わってくる話ではありますが、もしもあの時、○○が出来るだけのお金があったら。。。と振り返るような人生は送りたくないと考えるお若い女性も多いことだと思います。

でも、今の若い自分には限界がある。

他に何か手段はないかと考えて、交際クラブで夢のような出会いを期待して登録にいらっしゃるのかもしれません。

お金で苦労する若い女性

確かに、若い頃にお金で苦労することで、お金の有難さや価値を十分に体感することでしょう。
世間の厳しさや生きていくことのリアルを知って、その後、上手に世間を渡ることができるようになるのかもしれません。

試行錯誤しながら自分の働き方を変化させ、さまざまな生活の工夫をすることで、成長することができます。

パパは与えるだけではなく教えてあげることも必要

お金があることで、素晴らしい人生を進めることができるという一面もあります。

人生でやりたいことをするためには時間やパワーが必要ですが、目標を達成するためのお金も必要です。
お金があることで、次の目標を達成していくことに繋がります。

お金は人生のエネルギーになり、人生を切り抜ける手助けをしてくれるでしょう。

年上男性が若い女性にお金の使い方やお金の大切さを教えてあげることで、年下女性はお金に対する考えが身につき、人生を豊かにしていくことができるかもしれません。

デートの場所で、ご自身の経験や正しいお金の使い方を教えてあげることも必要でしょう。

年上男性であれば、年下女性に欲しい物などをねだられることもあるかもしれませんが、そのような時も、お金の使い方を考えてプレゼントすることで、お金の大切さを伝えることができますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
お若い女性の経済状況によっては、サポートをしてあげながらも、必要な教育をしてあげる必要性がございます。

ただ、与えるだけではなく、資本社会におけるお金のあり方を教えることも、若き女性にとってはありがたいことになるでしょう。