交際クラブには年齢、職業、経歴、ルックスなどさまざまなタイプの女性がご登録されています。
その他にも、内面を形成する心理的な要素において、男性には理解し難い点を持っている女性もいます。

本日は、男性には理解し難い女性の心理について、お伝えをして参ります。

察して欲しい女性の心理とは?

女性は、男性に対して何も言わなくても察して欲しいと感じることがあります。

しかし、男性にとってははっきり言ってほしいと感じる人が多いでしょう。

女性は「察すること」のできる人が多く、察することは相手に対する愛情と気づいています。

また、察して欲しい女性の心理は、自分の考えていることを相手にうまく伝えられないという心理を持っていることが多いです。

プライドの高い女性も察して欲しい女性に近い心理を持っており、気持ちを伝えられても相手に拒絶された場合を考えてしまい、素直に考えることができなくなってしまいます。

「察して欲しい」と聞くと強そうな性格と見られがちですが、実は自分を守るために強い自分を装っているのです。

「自分を知って欲しい」と思う気持ちが察して欲しい気持ちに表れ、承認欲求に繋がってしまいます。

さらに、承認欲求が強いことで自分には自信がないため、嫉妬深い一面も。

それが故に、男性に、直接「他の女性と連絡を取らないで欲しい」とは言えずに、察して欲しいという考えに至ってしまうのでしょう。

察して欲しい女性の特徴

察して欲しい女性の特徴として、自分が望んでいることを口に出すことはあまりありません。

例えば、誕生日にはお祝いをしてもらいたいとアピールをすることや、誘って欲しそうにすることなどが挙げられます。

自分から誘うことがないため、遊びに行った先でなにかあっても、自分は無関係と思っているのが特徴的です。

さらに自分の機嫌が悪い場合、急に黙り、相手に気にしてもらいたいと態度で示すことがあります。

これでは、男性も不安になってしまうので、お互いに悪い空気になってしまいますよね。

ネガティブな言動を発信して他の人から気にかけて欲しいと考えるため、注意が必要です。
察して欲しい女性は他人を振り回す言動が多く、わがままと思われがちでしょう。

上手な付き合い方とは?

察して欲しい女性は、どんなに見た目が美しくても、男性にとってはとても苦手なタイプとなってしまうでしょう。

男性は一つのことに集中して取り組むタイプなので、他のことを気にしながら行動するのは大変です。

これは男性と女性の脳の違いからくるものですので、理解できないことが悪いことではありません。

しかし、察することができる女性にとっては不器用だと思われてしまい、すれ違いが起きてしまう原因になるのです。

そんな女性と上手に付き合っていくために、女性に「気持ちをはっきり言って欲しい」と言うことも必要になるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このような女性とのお付き合いをしていく場合には、適度に距離を置くことで、自分の行動を考え直してくれるチャンスになる可能性があります。

すぐに相手が変わることを期待せずに、ゆっくり時間をかけて付き合っていくことを意識出来るといいですね。

交際クラブでは、まだまだ未熟で、これから成長していく女性達もたくさん登録しています。

そういった女性達をリードし、優しく指南してあげることもパパとしての一つの役目になるでしょう。