女性へのエスコートの仕方 投稿日 by

交際クラブを介してお気に入りの彼女とのお付き合いがスタートした場合、年上男性であれば、スマートに女性をエスコートしていくことが求められるかと思います。

年上男性に憧れているお若い女性達は、胸を弾ませ、ワクワクした気持ちで貴方とのデートにやってくるはずです。

本日は、女性が喜ぶデート時のエスコートについてお伝えをして参ります。
ぜひ、ご参考になれば幸いです。

デートは率先してプラン決め

女性が積極的にプラン立てをするとき以外は、なるべくご自分からデートの計画を立てて伝えるようにしましょう。

計画性があって積極的な男性は、大人としての魅力があると言えるため、女性からの支持も厚いです。

気遣いとして、まずはどこに行きたいかを女性に聞きます。

そのときに「どこでもいい」と言われることを想定して、いくつか場所をピックアップしておきましょう。

これは、デートに踏み切れない女性にも効果的です。

例えば、水族館と動物園のどっちに行きたいかを問うと、答えはどっちにしろ、行くというのが前提の話になります。

お若い女性は特に、メイクやファッションに気を遣って支度をすることがほとんどです。

朝8時などの早い時間は、女性に無理をさせてしまう可能性があるため、避けた方が賢明でしょう。

食事のペースを合わせる

ゆっくりと味わって食事をする女性、口紅等のメイクを気にしてがっつり食べられない女性など、お食事のペースもさまざまです。

男性同士の飲み会であれば気にせずにどんどん食べてもいいのですが、女性とのお食事ではより一層、相手のペースを考えましょう。

また、ずっと会話を続けることもよくありません。

会話中は手や口が止まるため、なかなか食事が進まないこともございます。

そのため、女性が料理を口にするときやグラスを持ったときは、一度話を止めましょう。

さらに、飲み物が空になる前に、お代わりがいるのかどうかを聞いてあげて下さい。

若い女性にとって、年上の男性とは自分が気遣いをしなければならない立場ですが、逆に年上の男性からそういったことを言われると、相手を見た目で判断せず、平等に気遣って行動できる人だと思われます。

タクシーには先に乗る

海外では、女性をタクシーに乗せた瞬間に連れ去られるといったことがあるため、男性が先に乗るのが常識とされています。

日本ではそういったことが起こる可能性は低いですが、それでもタクシーに先に乗る方が大変なので、男性が先に乗ってエスコートするのがいいでしょう。

先に乗る人は運転席の後部座席まで移動し、行き先を伝える必要があり、そのようなことを女性にさせないためにも、自分が先に乗って行き先を伝え、女性には乗り降りしやすい助手席の後ろに座ってもらいます。

一見、何気ないことでもできていない人も多いため、細かいところまでもレディーファーストを意識している、と女性に思わせることが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

デートプランについては、相手女性のリクエストに応じることが多いとしても、デート中の細やかな気配りは必須事項になります。

レディーファーストのお気持ちを忘れずに、女性をエスコートしていただければと思います。