「モテパパになりたい。だけど、なにから始めたら良いのかわからない」

そんなあなた。

まずは見た目から作っていきましょう。
人は、中身も重要と言われますが、外見も大切なのです。
心理学の研究結果で、第一印象は出会ってからだいたい6~7秒で決まると言われています。
この一瞬で、あなたの印象はほぼ決定されてしまうでしょう。

今回は、パパ活女性から好感を持ってもらうために、男性が普段から気をつけるべきことをお伝えしていきますね。

パパ活女性に良い印象を得るために気をつけるべきこと

1.清潔感

まずは、なによりも清潔感が第一。
女性から好感を持たれるためには必要不可欠です。
だらしなく見えたり、気遣いが出来ない人だと思われないようにしましょう。

ポイントとしては服、靴に汚れやシワ、ヨレがないか家を出る前に確認すること。
コーディネートにクリーンな印象の「白」を取り入れるなどしてみましょう。

2.サイズ感

自分の体に合わない服を着ていると、女性に次のような印象を与えてしまいます。

大き過ぎる服 → だらしない印象になりやすい。
小さ過ぎる服 → 寸足らずな上、窮屈そうで不格好に見られやすい。

サイズ感のあった服を着ることも大切な要素です。
どんなに良い服を着ていても、サイズが合っていないだけで格好悪く見えやすいので、注意が必要でしょう。

3.TPO

TPOに合った服装とは『時と場所と場合』によって空気を読んだ服装を忘れないことです。

銀座クリスタル俱楽部にご入会している男性の皆様にはご承知のうえかもしれませんが、ハイクラスなレストランのランチやディナーに行く際に、スウェットはNGですよね。
仕事に行く際などにも、真っ黒なスーツは冠婚葬祭用ですし、遊びの効いたストライプのスーツは向いていません。
このように、スーツにもTPOがあります。

常識がないと思われないように、デートには臨機応変が効く、ジャケット1枚、革靴1足を持ちましょう。

4.年相応

何を着るのも個人の自由ですが、例えば、40代以上の男性が20代の頃のままの服装でいるわけにはいきません。
歳を重ねると体型も変わってくるものです。
シンプルなトレンド物や、綺麗めとカジュアルなアイテムを上手に使い、年相応な服装を心がけてみましょう。

5.アクセサリー(時計、指輪)・小物(ハンカチ、靴、鞄)

普段身につける習慣がない方も、女性ウケ・印象が良くなるので、今後の参考にしてみましょう。
人の目線は頭(顔周り)・手・足といった、体の先端に集中しやすい傾向があります。

アクセサリーはあくまで「装飾品」なので、服装を引き立てるのが本来の役割なのですが、シンプルな服装なら、1~2つほど取り入れてみるのもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

服装は第一印象を左右する重要なものです。
女性に好印象を与えるポイントを押さえて、モテパパを目指しましょう。

自分の魅力をファッションと共に上手く表現している男性は、それだけで素敵に見えるもの。
女性ウケ・印象を上げる服装が出来る男性は、社会生活の中でも好印象な方が多いはずです。

まずは、身近にいる、お手本になるようなモテる同性を観察してみましょう。