パパ活デートで相手にマイナスイメージを与えてしまう行動とはどのようなものでしょうか。


パパとしての自分に非があったのか、それとも単に相手との相性が悪かったのかも分からないという方は多いでしょう。

せっかくの女性とのお時間は、お互いに楽しく過ごしたいですよね。

今回は、「こんなパパ活デートは失敗する」ということをいくつか例にあげ、気をつけておくべきことをご紹介していきます。

1.スマホを弄りすぎる

デート中は、一緒にいる相手をしっかり見ることが大事です。
たとえ仕事の用だったとしても、何度もスマホばかり見てしまうと、相手からすれば自分に興味がないのだと感じてしまうこともあるかもしれません。

あなただけでなく、女性側も貴重な時間を削ってあなたに会いに来てくれていることを、しっかりと念頭に置いておくことが必要です。
できれば、スマートフォンは鞄の中やポケットにしまっておくほうが無難でしょう。

どうしても確認しなければならない場合は「ちょっと調べ物をするね」など、一声掛けるだけでも印象が変わりますので、試してみてはいかがでしょうか。

2.スマートな支払いの素振りが見えない

パパ活をするうえで発生する金額は基本的にすべて男性がお支払いしますが、その際もスマートに支払ってくれると女性の印象はかなり良くなります。

女性は場所を移動する際に一度お化粧直しをする方が多いです。
場所を移す少し前に女性がお手洗いに立ったら、その間に支払いを済ませておくのがスマートでしょう。

帰り際に「今日はありがとう」「また一緒に過ごしてくれると嬉しいな」など、次のデートに繋げられるような一言も添えるとより好印象を与えられるはずです。

3.合わせてくれない

「合わせてくれない」の具体例をあげると、話している途中に自分の話を優先してきたり、相手の興味のあることを否定するなど。
また、もともとお茶だけの約束で、このあと用事があると伝えているのに、帰ろうとしないでまだ一緒にいようとするなども挙げられます。

女性の気持ちを察せないことは、マイナスイメージにも繋がります。
これはデートだけではなく、お付き合いに発展した後も意識した方が良いことですので気をつけましょう。

改善ポイントとしては「喋りすぎかな?」「興味なかったかな?」「もうすぐ時間だよね」など、相手のことを思った一言を伝える余裕が必要です。

自分の考えや想いが暴走していないかを、相手の言動や行動を観察しつつ、確認しましょう。

4.相手に頼りきり

「何が食べたい?」「どこに行きたい?」など、相手の希望を叶えてあげさえすれば、パパ活デートが成功だと思っている方は多いのではないでしょうか。

ですが、それだけでは成功とは言い切れない場合もあります。
女性に希望を聞いてばかりでは、単に主体性のない人だと思われてしまうことも。
お相手の好みを把握したうえで何個かパターンを提案してあげると、行動力がある人と感じてもらえるでしょう。

例えば「〇〇好きだったよね」や「こないだ雑誌でみたけど好きそうかな」など、一言さりげなく好きな事を覚えていたように伝えると、女性は自分に関心を持ってくれているんだと嬉しくなります。

交際クラブでは、事前に女性の情報を確認できますので、どの程度お酒を飲むかなど、予め知っておくことが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

パパ活デートを失敗に終わらせないためには、一緒に過ごす時間を大切にしてあげるような行動が必要だということが、お分かり頂けたでしょうか。

失敗を恐れることなく、また「少し失敗したかな?」と思ってしまっても、今回の記事をご参考に、次に活かしていただけると幸いです。