大人の男性の魅力とは?と考えたときに何が浮かんでくるのかで、その人の本質がわかります。
常識的には、どんな仕事をしている男性であっても、共通することは落ち着きと思慮深さになるはずです。

年齢を重ねた結果、良いことも悪いことも経験して生まれてくるものが魅力となり、それが定義となります。

この定義を自分の戒めとすることが、若い女性との恋やパパ活には必要なものです。

大人の男性を恋の相手に選ぶ若い女性は、同じ年代の若い男性とは異なるものを求めています。
同じ土俵で若い男性と競うのは、彼女たちにとって興味をそそられないことです。

なぜなら、同じ条件なら若い男性を恋の相手に選んでもいいから…。

若い女性が真面目な恋の相手である大人の男性に求めることは、紳士としての振舞いをすることで、スポーツや、数を競うような関係を楽しむことではありません。

尊重され、大切に愛される関係を求めているから、紳士である大人の男性を選ぶのです。

やせ我慢すらも魅力とメリットになる

紳士として振舞うことは、欲に囚われないことです。

若い女性の魅力に溺れるとしても、賛美し続けること、数多くの花を欲しがるよりも、特に美しい花を貴ぶ姿勢が、紳士の恋愛。
多少キザであろうが、やせ我慢であろうが、この「ええかっこしい」なスタンスが、大人の男性の魅力で意気地です。

若さと真逆のところにあるのが紳士的な振舞いで、肉体的に若すぎて経験も浅い年齢では身につきにくいものです。
若い男性が必死に身につけようとしても、しっくりなじんだものにはなりにくい魅力でもあります。

もしもいままで紳士的な振舞いとは遠い生き方をしていても、大丈夫です。
年齢が味方をしてくれます。
年齢を重ねたからこそ、どういうものかを自然と理解することができますし、それを無理なく行えるのが大人の男性です。

また、やせ我慢や「ええかっこしい」がマイナスではなく、思慮深さに見えることも大人の男性のメリット。
マイナスだと思う部分すら、見方を返るとメリットになるということを覚えておくと良いでしょう。

ふたりだけの時間だけなら…

いつも紳士的な振舞いができる大人の男性が、ほんの少しやんちゃになる瞬間は、恋のスパイスに欠かすことができないもの。
完璧ではないけれども、紳士的な大人の男性がやんちゃになり、わがままを言うのが自分だけ、という特別な意識を若い女性にプレゼンすることも重要なのです。

しかし、特別な瞬間でなければ、無駄に年齢を重ねた男に成り下がってしまいます。
いつもきちんとした振舞いの紳士としての時間がある人ほど、不意に見せる表情に魅力を感じ、その価値が高くなることも忘れるわけにいきません。

まとめ

恋を継続させるポイントは「意外性のプレゼン」と「あなたは特別な存在だ」というアピールです。
それを行うためにも、紳士として振舞いましょう。

大切な女性との関係を続け、楽しい時間を長く続けるためには、紳士的な振舞いがカギを握ります。
相手の若い女性を飽きさせず、魅力ある恋・パパ活の相手であり続けるために欠かせないことです。