交際クラブで出会う女性のほとんどは歳の離れた女性ばかりですが、  10歳以上の年の差があると、同年代の女性と比べて年下の彼女が子供っぽく見えてしまうことがあります。

最初は可愛いなと思っていても、度が過ぎるわがままを言われたり、自己中心的な行動が多いとついウンザリしてしまい、言い過ぎた言葉をきっかけに、彼女を喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。
ですが、いくらお若いとはいえ、成人を過ぎている女性に「そんなこともわからないの?」と言いたい場面があったとしても、ストレートに言葉に出さず優しく教えてあげることが大切です。
本日は、お若い女性と揉めてしまうケースについて考察していきます。

年齢差ゆえにお説教に感じてしまう

悪気がないとしても、上から目線でものを言われたり、親に言われるような説教のようなことを言われると彼女は嫌な気持ちになってしまいます。
年の差があっても、付き合っている以上対等な関係でいたいと望むもの。
親ぐらい年が離れていても、親子ではなく、男女で接して欲しいと考えています。
彼女に何か注意したいことがあっても、対等な目線で話すように意識してください。

ジェネレーションギャップを感じて会話が楽しめない

お互いの青春時代に聴いた曲や流行りの違いなど、年の差があるほどジェネレーションギャップが生まれます。
そのことに対して「自分の時はこうだった」と主張するだけでは話が盛り上がらず、会話が楽しめないことから喧嘩に発展してしまうケースがあります。
自分の好みを話したら、相手の好みもしっかり聞くようにして、お互い過ごした時代の違いを楽しめるように工夫すると良いでしょう。

年下彼女との仲直りの仕方

謝るタイミングを逃すと、どんどん関係が悪くなってしまうので、まずは自分から素直に謝ることが大事です。
仮に悪いのが彼女の方で、「なぜ年上の自分から謝らないといけないんだ」と感じたとしても、そこは大人の男の余裕を持って謝りましょう。
無事に仲直りができたら、いつも一緒にいてくれてありがとう、などの感謝の気持ちを伝えると彼女の機嫌は直ります。

喧嘩は二人の絆を深めるきっかけにもなるので、普段言えなかったことや心に引っかかっていたことを仲直りのタイミングで伝えるのも良いでしょう。

大きい喧嘩をしてしまって、少し時間を置いてから仲直りしたほうがいいと判断した場合は、勝手に距離を置くのではなく「お互い少し冷静になる時間を作ろう」と提案し、相手の承諾を得てから時間を置くことをおすすめします。

大切に思っているからこそ今は時間が欲しいという気持ちが伝われば、少し離れて見ることでお互いの存在の大きさを再確認することができます。
「自分のことを大切に考えてくれているんだ」と年下彼女に安心してもらうために、好きだと思っているという自分の気持ちをきちんと伝えることがポイントです。
恥ずかしがらずにいいチャンスだと思って気持ちを伝えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
精神的に余裕のある男性であっても、お付き合いが続いていく中で、時として相手女性に苛立ちを感じてしまうこともあるでしょう。
喧嘩をしてしまった際には、年上男性だからこそ振舞えるスマートな方法で仲直りが出来るといいですね。