何かを独り占めにしたいという気持ちは大小の違いはありますが、多くの方が経験したことがあるでしょう。
独占欲が人に向けられてしまうと、それを向けられてしまった相手は、時にストレスを感じてしまうこともあります。

交際クラブで出会ったお目当ての女性とお付き合いがスタートしてみると、意外にも相手の女性が嫉妬深い女性というケースもありえるかもしれません。

自分を本気で好いてくれるお気持ちは大変嬉しいですが、それを変な方向に助長させないためにも、今回は独占欲の強い相手と上手く付き合うにはどうすれば良いか調べてみました。

そもそも独占欲の原因とは

人はなぜ、「恋人を独り占めしたい!」という気持ちが起こってしまうのでしょうか。
執着心がとても強い場合、「もし、失ってしまったら…」と不安や恐怖に苛まれることが多いからだと言われています。

恋人を独り占めしたいと思ってしまう気持ちの根底には、「もし、恋人がいなくなってしまったら…」という不安などが渦巻いていることになります。
誰かから「必要とされたい」、「愛されたい」と考える人は多いものです。
恋人を独占したいと思ってしまうのは、恋人から愛されている自分を失いたいたくないと思っている、いわゆる自己愛が強く働いてしまっているケースもあるようです。

また「この人には自分がいないとダメ」だと思っている人がいます。
「この人は自分がいないと何も出来ない」とか「この人の面倒をみることが出来るのは自分だけ」と考える人も多いでしょう。

本当に相手がそう思っているかどうかは関係なく、勝手にそう思いこんでしまい、相手にその思い込みを押し付けてしまうことが原因の場合もあります。

独占欲の強い相手への対処方法

それでは独占欲の強い女性には、どのように対処すれば良いでしょうか?
ここからは、相手を独占したくなる心理の原因と対処法を解説します。

強い執着心が原因の場合は、失ってしまうことへの不安をあおってしまうような言動はNGです。
失ってしまうことへの不安は自信のなさの裏返しでもありますので、相手を褒めるのが一番です。

そして相手以外の恋人は必要ないということをアピールしてください。
交際クラブにおいては、サポートをしてあげているのは、貴女だけですよとお伝えすることですね。
まだ他にも自分に合いそうな女性を探して倶楽部を利用しているといった雰囲気は出さないことがベターです。
「自分には貴女がいるから他は見ていないよ」と一言付け加えれば、相手は安心して必要以上の独占欲をむき出しにされることはないでしょう。

 恋人から愛されていることを確認したいタイプの相手には、「好き」だという気持ちを言葉で伝えることをおススメします。
本人に直接向かって口にするのは照れくさいと思ってしまう人は、LINEやメールで伝えてみてはどうでしょうか?

言葉にしなければ伝わらないことはたくさんあるものです。

まとめ

独占欲が強い相手と付き合う場合、独占欲を適度に満足させることが出来れば、相手の不安も解消されて過剰な独占欲に悩まされるリスクを減らすことも出来そうです。

パパ活において、理想のパパが見つかった女性にとっては、自分自身の強い気持ちのアピールで男性に好意を示す女性も多いです。
ですが、そのすべての気持ちを受けとめようとすると、いつかお互いにとって負担となってしまう時期が来るかもしれません。

相手女性に対しては不安な気持ちを煽らず、安定した関係を築けるように働きかけるといいでしょう。