これまでに、いざお目当ての若い女性と話をしていても、ふと話題に困った経験はございませんでしょうか。
共通の趣味などがあれば良いですが、そうではない場合、お互いそれぞれの話題についていけない…そんな状況が起こってしまうことがあります。
会話をしていて自然に楽しいと感じることは継続的な関係を続ける上で大切な要素です。

若い女性にフラれないためにも、こうしたジェネレーションギャップをどう克服するか考えてみましょう。

ジェネレーションギャップを楽しむ

世代が違えば子供の頃に観ていたテレビ番組や流行りが違うのは当然です。
現在は、子供の頃からスマホやネットなどがあるのが当たり前の生活ですので、育った環境もかなり異なります。

ある調査では、職場の昭和世代の先輩と世代ギャップを感じた経験がある平成世代はおよそ4割、平成世代の後輩に世代ギャップを感じた経験がある昭和世代は5割超という結果が報告されています。
どうやら世代ギャップを感じてしまうのは、年上の方が多いようです。

世代間のギャップに直面したなら、お互いの違いに戸惑ったりガッカリしたりするのではなく、むしろお互いの違いを楽しむことをおススメします。
インタビュータイムなどと称して、ギャップを感じたことについて逆インタビューをしてみたり、相手から逆インタビューされてみたりしてはいかがでしょうか。

付け焼刃の話題や情報は引かれてしまうことも

相手とのギャップを埋めるために、相手が興味ありそうな話題や情報を集めようと思う方は多いかもしれません。
しかし、付け焼刃の話題や情報はかえってマイナスに作用してしまうこともありますので、注意が必要です。
ネットなどで調べれば若い女性たちの間で今どんなことが注目されているのか、今何が話題になっているのか知ることは可能ですし、詳細について知ることも簡単でしょう。

けれども、若い女性が年上の男性に期待していることは、同世代の男性と同じような会話を楽しんだりすることではないかもしれません。
年上ならではの落ち着きや包容力を期待している人の方が、はるかに多いです。

自分であれこれ調べて相手の世代間の旬な話題をいきなり振ってしまうと、「自分と話題を合わせるために色々調べてくれたんだ」と好意的に捉える人ばかりではありません。
人によっては「他に話題はないの?」と思ってしまう人もいるでしょう。

せっかくの努力ですから、もう少し上手にアピールすることをおススメします。
相手のことをもっと理解するために色々と情報を集めている姿を上手にアピールしつつ、「大人」の姿だけでなく、「可愛い部分」もあるのだと思わせましょう。

あれこれ遠回しに言うよりも、ストレートに「調べてみたけれど良く分からない部分があるので教えて欲しい」と伝えてみるのもよい方法です。
普段自分よりも大人だと思っている姿とのギャップ萌え、を相手に感じてもらえるかもしれません。
意外性は恋の良いスパイスになるものです。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。
交際クラブの出会いのほとんどは、このジェネレーションギャップをどのように自然に解消するかが重要とも言えます。

あまり難しく考え過ぎてジェネレーションギャップに悩むよりも、自分をアピールするチャンスと捉えて、活かしてみてはいかがでしょうか。