【テクニック編】上手なLINEの返し方 投稿日 by

最近は、人と連絡をとる手段としてLINEが欠かせないツールの一つになっています。
そのため、LINEでの連絡の仕方は男女の関係を築き上げるためにもとても重要になるのです。
たとえば、全く連絡を取らない人よりも、頻繁に連絡をとる人の方がお互いに好意を向けられていると感じやすいですよね。
しかし、自分以外の人がどのようなLINEを送っているのか、なかなか知ることはできないはず…。
そこで今回はすぐに実践に使えるテクニックをお話ししていきます。
上手いLINEの返し方を知っているだけで、多くの女性からモテること間違いありません。

誰でも簡単にできる3つのテクニック

具体的なテクニックとして、返し方には3つのコツがあります。

①文章はシンプルに

1つ目は、文章を短く簡単にすることです。
特に、若い女性はだらだらと長い文章を嫌う傾向があります。
できるだけ簡潔に、そして内容のある文章を作ることが大切。
たとえば、「美味しいご飯屋さんを見つけたから今度一緒に行かない?」と要件のみを送っても問題ありません。
男性によくあるLINEでの失敗例として…挨拶から始まり、予定が空いているかの確認、行きたいご飯屋さんを選んだ理由など、本当に伝えたいことから内容がブレてしまうというケースがあります。
デートに誘いたいのであれば、その旨のみを簡潔に伝えることを意識しましょう。

②会話のキャッチボールのタイミングを意識

2つ目は相手からのLINEで終わることを意識することです。
これは、次にLINEを送るタイミングを自分で決められ、相手にしつこい男だと思われないようにする効果があります。
現在、自分のLINEで終わり、相手からの返事を待つことが続いているのであれば、返事をするタイミングを少し空けてみることから取り入れていくといいでしょう。
適度な距離感を保つことで、いい関係を築き上げることができます。

③やはり挨拶は大事

3つ目は、朝や夜などに時々挨拶を取り入れることです。
「おはよう」や「おやすみ」など簡単な挨拶を加えることで、丁寧さと親近感を演出することができます。
ただし、必要以上に繰り返し送ったり、挨拶だけの文面を送ることは避けましょう。
中には挨拶は必要ないと考えている女性もいるため、相手が挨拶を返してくれるのかどうかを判断することも大切です。

LINEの有効活用が大事

女性と恋愛関係を築くためには、LINEの活用が必要不可欠です。
そのため、LINEでの言葉遣いや接し方はとても重要になります。
LINEを有効活用することで、年齢差のある女性相手にもデートに誘うことが簡単になりますし、自分の良さをアピールすることができるのです。
スタンプを適度に活用したり、相手の好きな話題を出してみたり、会話をするようにやりとりができるようになると、相手の女性と親密な関係に発展していくこと間違いありません。
少し親密な関係になってきたと感じたら、LINE電話などで会話してみるのもいいでしょう。
必ず今から電話をかけていいのかを確認し、了解の返事をもらったら、10分程度で簡単に終わらせるのがおすすめです。
時々電話をすることで、相手の女性が自分にとって特別であることをアピールすることができます。

LINEコミュニケーションの注意点

◆タイミング
◆頻度
◆言葉遣い

この3点は特に気を付けましょう。

パパ活相手はパートナーがいたり、周囲の人に内緒で活動している人も多いので、むやみやたらに連絡をするのはご法度。
パートナーに浮気や不倫を疑われて修羅場になることもありますので、お互いにパパ活を楽しむ為にも適度な距離感は大切です。
また、文章で想いや考えを伝える時には言葉使いに注意。
文字だけだからこそ、誤解を生むこともあるのです。
受け取り方は十人十色なので、そのことも意識してLINEを送るようにしましょう。

まとめ

意中の相手の心を掴む際には「単純接触効果」といって、できるだけ自分に多く長く触れてもらうことが大切です。
直接会うだけでなく、LINEのメッセージでも効果的。
その際には、LINEのアイコンを自分の顔写真にしておくことをおすすめします。
そうすることによって、あなたの顔を見る機会が増え、無意識のうちに相手の脳内に広がっていくでしょう。
人の脳は、意識しているものを「好き」「大切」と認識する癖がありますので、信頼関係を築く上でも大きな役割を果たすはずですよ。