女性を虜にするエスコートの仕方 投稿日 by

女性へのエスコートは習得必須です。
なぜなら、デート中のさりげないエスコートで女性はキュンとするから。
もちろんこれを読んでいる皆様の中には十分心得ていらっしゃる方が多いとは思いますが、他の男性と差をつけるポイントにもなりますので、お話しさせて頂きます。
今回は、女性から「また会いたい」「デートしたい」と思ってもらえるような紳士的なエスコートの仕方をご紹介します。

なぜエスコートが大切なのか

エスコートをされると女性は自分が特別扱いをされていると感じます。
コツとしては、相手のことを思いやりながら実践すること。
女性の嬉しそうな姿が見れると思うと、自然とエスコート!をしてみたくなりますよね。
女性を気遣い安全にデートが進むためにも、必要なものであります。

デート中のエスコート5選

具体的なシーンをご紹介させて頂きます。

①車道側を男性が歩く

女性を危険から守るエスコートとして、これは多くの男性が実践しているかと思います。
女性が車道側を歩いることに気が付いたら、さりげなく男性が車道側に入れ替わるといいですね。
「危ないからそっち側歩くよ」と言葉で伝えるのもOKです。

②重い荷物は持つ

デートでお買い物などをしたときに、女性の手荷物が重そうであれば率先して持ってあげましょう。
ここで注意なのが女性のバッグはむやみに持たないように。
ファッションとして持っていたかったり、貴重品は自分で持ちたい女性も中にはいます。
とはいえ、荷物を持つことが本質ではありません。
あくまで気遣いを重視した行動であることをお忘れなく。

③階段やエスカレーターでの行動

階段やエスカレーターを上るときは、女性の下に回って上りましょう。
女性が高いヒールなど履いていると足を踏み外してしまうこともあるので、いざという時にしっかりと対応ができます。
ドアを開くのは男性、入るのは女性からなど基本的なエスコートを忘れずに行動しましょう。

④席を予約しておく

ランチやディナーは人気店だと事前の予約が必要なお店もあります。
女性を喜ばせたくて前調べしていたお店も、いざ行ってみたら予約が必要なくらい混雑していたり、行列に並ぶはめに…。
デートをスムーズにするためにも、できる限り予約はしておきましょう。
また女性の好きな食べ物や帰宅しやすいエリアにするなどの気遣いも大切です。

⑤お会計は知らぬ間に済ましておく

お会計で気を付けるポイントは女性に金額を見られないことです。
彼女がお手洗いなどで席を離れたときがチャンス。
伝票にカードを挟むなどしてこっそりお会計を済ましておきましょう。
帰り際に「お会計は?」と聞かれたら「もう済ましてあるよ」とさらっと言うこと。
男性なら一度は憧れるシーンですよね。

エスコートのやりすぎには注意

エスコートをして女性を喜ばせようと気合いが入りすぎ、つい行き過ぎた行動をしてしまうのはNGです。
過度なエスコートは女性から引かれてしまいます。
例えば②でお伝えした、女性のバッグをむやみに持ちたがること。
周囲から傲慢な人に見られそう、貴重品は自分で持ちたいなど逆に落ち着かなくさせてしまいます。
また、デートの予定を細かく立てすぎると、女性がゆっくりできずに疲れさせてしまいます。
気ままに行動したい女性にとってかなりストレスにもなるので、相手の行動や性格をしっかりと見ておくことが大切です。
逆に計画的な女性であれば少し余裕を持ちながらもしっかりした予定を立てましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
どれもすでに心得ているものばかりだったと思います。
エスコートがスマートに出来る男性は当然、女性からモテることが上記をみて明らかになったのではないでしょうか。

紳士的な行動はその日一日のデートを素晴らしい時間にします。
そのためにも女性に合ったエスコートで思いやりを忘れずに。
パパ活や恋活のデートでこの記事を参考に行動してみてくださいね。