皆様は「ウィンザー効果」を活用していますでしょうか?
ウィンザー効果とは、第三者の協力を得ながら効果的にアプローチしていく方法のことです。恋愛関係がうまく発展しないと悩んでいる人の中には、第三者に協力してもらってでも関係を良くしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
このように、自分の力だけではどうにも関係が変わらないと悩んでいるのであれば、ウィンザー効果を活用して、外堀から埋めていくのがおすすめです。

ウィンザー効果についておさらい

ウィンザー効果をより詳しく・簡単に説明をすると、第三者から聞く情報は信用しやすいという原理です。
直接本人から聞くよりも、「あの人があなたのことを褒めていたよ」と聞く方が、お世辞ではないと信じやすいものです。
他人の噂を信じてしまうという原理もウィンザー効果の一つで、本人に確認するよりも、噂話を優先して信用してしまうことにつながります。

第三者の選び方には気を付けよう

恋愛関係においてウィンザー効果を有効活用するには、自分のいいところを友人や同僚を介して意中の女性に伝えてもらうことです。
ただし、第三者の選び方には気をつける必要があります。
ウィンザー効果を活用する際に第三者を選ぶときには、3つのポイントを踏まえたうえで選ぶようにしましょう。

1つ目は自分と意中の女性のことを深く知っている人、2つ目は信頼できる相手であること、3つ目は同じ相手を狙っていそうな人は避けることです。
まずはお互いのことを知っている人でいないと、第三者の言葉自体を女性が信じない可能性があります。

そのうえ信頼できる人でないと、第三者自身が意中の女性と距離を縮めてしまうリスクも生まれてしまいます。
すでに彼女がいる男性や意中の女性には気がない信頼できる男性を1人見つけておくと安心でしょう。ウィンザー効果は自分自身が行動をするわけではないため、第三者選びを失敗してしまうと関係が悪化してしまうことも理解しておきましょう。
そう考えると、やはり交際クラブのスタッフは適任だといえます。

第三者に協力してもらうときは相手の立場も考える

第三者を選ぶときは本当に信頼できるのかも重要なポイントですが、第三者の立場も考えることも必要です。
たとえば意中の女性へのアピールとして新入社員のような部下を選択していては、少し信憑性に欠けてしまいますよね。
最大限ウィンザー効果を得るためには、自分と第三者、そして意中の女性の立場を考えることも大切になるのです。

ただし、口裏を合わせ過ぎて嘘を伝えられてしまったり、話を大きく膨らませすぎたりするのは避けてもらいましょう。
あくまで素直に自分の良い部分や女性のことを褒めていたということをさりげなく伝えてもらうと、ウィンザー効果を一層感じることができます。

自分が行動を起こすことができないと悩んでいるのであれば、思い切って第三者に協力をお願いし、少しアプローチの方法を変えてみると、意外な良い結果を得られることがあるのでおすすめです。

ウィンザー効果のように、恋愛関係は自分の努力だけでなく周りの協力も必要になるため、日頃から人間関係を良好に保っておくことも重要なポイントの一つになります。
敵を作ってしまうような行動は避けるようにしましょう。

まとめ

恋愛に使える「ウィンザー効果」について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
先ほども少し触れたように、協力してくれる第三者選びは非常に重要。
交際クラブのスタッフがまさに「よき理解者でありよき協力者」であると自信を持って言えます。
交際クラブのスタッフは、会員様同士をマッチングさせるプロですから、どんどん頼って頂けたらと思いますよ。