お酒のないデート…。
パパ活女子の中にはお酒が飲めない人もいますので、そのような機会もあると思います。
ただ、お酒のあるデートはお酒に頼る事も出来ますが、その手段がなくなってしまったら途端に誘い方や口説き方がわからなくなりませんか?
そこで今回は、お酒の飲めない相手とのデートでの口説き方とお酒がないデートの楽しみ方をまとめてみました。
パパ活をする上での参考にして頂けたらと思います。

食事でお酒を飲まない女性の口説き方

・相手を気遣う

お酒の有無関係なしに相手に気を使うようにしましょう。
相手がお酒を飲めない場合は、否定せず受け入れてください。
そうする事で女性は安心し、心を開いてくれるしょう。
自分が飲めるから相手も飲めるといった考えや、お酒を飲めないことを馬鹿にしてしまうとこの人とは合わないと引かれてしまうかもしれないのでご注意を。

・共通点を見つけて話をする

お酒を飲む事だけが楽しむ方法ではありません。
お互いの共通点を見つけて盛り上がることも大事です。
むしろその状態で楽しめると、非常に口説きやすくなります。
お酒が入ると、その場はいい雰囲気になったとしても、長続きするとは限りません。
ずっと関係を続けるにはシラフの自分を好きになってもらう事が1番です。

・お酒を飲みすぎて醜態を晒さない

お酒を飲みすぎると、理性を失いやすいので失態を冒す人も多いです。
緊張や楽しさで飲みすぎて迷惑をかけてしまったら元も子もないですからね。
友達と飲んでいるのなら謝れば済むかもしれませんが、口説きたい相手にそのような姿を見せれば危険信号です。絶対に見せないようにしましょう。

・押し付けない程度にお酒をすすめてみる

これはあくまでも相手がお酒を飲める人の時に限りますが、気を使いながらお酒を勧めてみるのもいいかもしれません。
相手はあえて飲まないようにしてる場合もあります。
「残しても大丈夫だから」などと一声あれば心が緩み一緒にお酒の時間を楽しめるかもしれません。

お酒がなくても楽しめるデートの仕方

・共通の趣味で楽しめる場所にいく

共通の趣味があるというのは強い武器ですね。
または相手の趣味を知るのも良いでしょう。
趣味が一緒だと会話するための材料はいらないので自然と盛り上がれますし、距離もぐっと近付きます。
それに相手の趣味も好きな人の一面なので知りたいと思うはずです。
好奇心が溢れて楽しいものとなるでしょう。
相手を知ってくれようとする姿に感動するに違いありません。

・映画を観に行く

映画は会話もしなくていいですし、なんの話をしたら良いかわからない方にはとてもおすすめです。
ただし、お互いが観たい映画を選んでくださいね。
その後の会話のタネが増えることでしょう。
パパ活においては「ラグジュアリーな体験」を期待する女性が多いので、映画館でもVIPシートを予約するなど、一工夫すると感動してくれますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
このようにお酒がなくてもいくらでも女性を楽しませる方法はあります。
気になる相手を口説くには、まず良い雰囲気を作る事が何よりも大事な事なのです。
また、パパ活=高級感といった固定概念に縛られず、お相手の女性が求めることを一緒に楽しめるスタンスでいることがおすすめ。
「これをやったら確実に喜ぶ」という王道テクニックもありますが、更に重要なのは目の前にいるお相手のニーズに答えることです。
このことを意識してパパ活やデートを楽しんでみてくださいね。