パパ活女性達の多くは、年上の男性が好きです。
「年上」というだけで、大人の魅力や余裕を感じられ、同年代男子とは違うお付き合いができると思うからでしょう。
最近では10歳以上年齢が離れた年の差カップルも珍しくはありません。
自分はもう年だから、と諦めるのはまだ早いです。
交際クラブで使える「年上の男性」だからこそできる年下女性への上手なアプローチの仕方にはどのようなものがあるのでしょうか。

年上男性だからできるデートに誘う

自分の方が年上ということは、それだけ年下である女性よりもいろいろな経験を積み重ねていることでしょう。
交際クラブを通じてお好みの女性に出会い、良いお付き合いを深めて行きたい場合には、
そのため、女性があまり経験をしたことがないようなイベントや食事に誘ってみてください。

例えば、若い女性だけでは行くことがなさそうな夜景の綺麗な高級レストラン、雰囲気が良いバー、乗馬体験、スキューバダイビング体験などです。
「こんなお店行ったことある?一緒にどうかな」「乗馬ってしたことがある?やってみない?」と自然に誘ってみましょう。
当日は、女性を自然にエスコートしてあげれば「年上だからエスコートも上手だな」「やっぱり年上だから同年代の子と違う体験ができる」と、プラスの印象を持ってくれるでしょう。

パパとして大人の魅力で勝負する

パパ活女性達は、同年代の男性よりも大人の魅力を感じるという点で、年上男性を好む人が多いです。
大人の魅力とは何かというと、経済的・精神的な余裕もそうですが、見た目も大切になります。
女性と会うときの服装で悩んだときには、シックな雰囲気のスーツを選ぶといいでしょう。
私服で会いたいと思った場合でも、シックな大人の魅力を感じる服装がおすすめです。
年下の女性に合わせて、無理に服装を若く見せることや、服の好みを変える必要はありません。
あくまでも「年上男性ならではの大人の魅力」で勝負しましょう。
そして女性は「清潔感」を大切にします。清潔感を意識した髪型・服装を選ぶことを忘れないようにしましょう。

命令口調や威張ることはやめましょう

自分の方が年上だからと、年下の女性に対して命令口調や威張ったような雰囲気で話す男性もいます。
これは女性にとってはマイナスのイメージになってしまうのでやめましょう。
女性は年上男性の「大人で落ち着いた雰囲気」を好む人が多いです。
「大人で落ち着いた雰囲気」と「威張る」「命令口調」は全く違います。
年下女性と話すときには、優しい口調で彼女を否定するような話し方をせずに、共感しながら話すようにしましょう。
彼女が何か間違えたことをした場合は「これはこうしたほうがいいと思うよ」など、優しく諭すように話すのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか
年下女性にアプローチするには、年上男性だからこそできるデートの方法、話し方、雰囲気で勝負しましょう。
それができれば、年下女性はあなたの魅力にきっと気づいてくれます。
交際クラブでは、男性達の中でも女性の争奪戦となることがあります。
ライバルがいてもあきらめないでください。
あなた自身の年上男性の魅力で、好きな女性と距離を近づけていきましょう。