皆様は「カリギュラ効果」というものをご存知でしょうか?
カリギュラ効果とは禁止・制限をされればされるほど欲してしまうという、人間の心理です。
例えば【閲覧注意】とタイトルに入っているブログや記事を、ついつい開いてしまうように…。


そうした心理を活用したテクニックは、ビジネスの世界でも恋愛においても取り入れられているのです。
恋愛においては無意識に行っている人もいれば、意識的に行っている人もいるでしょう。
ネタバレしていても効果てきめんなテクニックなので、今回はそんなカリギュラ効果を恋愛に活用する方法をお伝えしていきます。

恋愛でよくみるカリギュラ効果

恋愛で自然に効果を発揮しているのは、やはり不倫や浮気ではないでしょうか。
「家庭があるからこれ以上の関係にはなれない」
「他に好きな人がいるから」
このように制限されればされるほど、相手に興味を抱くようになります。
「これ以上はダメだ」と自分でも思っているからこそ、禁断症状というくらいの熱い感情が湧き上がってくるのです。
これは既婚者も未婚者もどちらにもいえること。
お互いの立場から「これ以上は禁止」としているので、自然とカリギュラ効果が発動しているのです。

カリギュラ効果を恋愛で活用するには?

恋愛で使う手法としては「相手が気になって仕方のない状態にする」ことがポイントです。
例えばモテる男性がいるとして、普段どんな女性でも落とせるという自信を持っているので、あえて逆の行動を取るなど。
具体的には、興味のない素振りを見せることです。するとモテる男性は「多くの女性が振り向いているのに、なぜこの人は振り向かないのか!?」と疑問に感じ、気になってしまいます。
そうやってムキにさせることで、自分のことを「気になる存在」にしていきます。
相手にとって気になる存在になってしまえば、その相手の心を奪うのは容易くなるでしょう。

デートを1回断ることも効果的!?

カリギュラ効果を恋愛に活用する方法としては「デートを1回断る」という方法もあります。
断るといっても、デート自体を断るわけではなく日にちを変えるなど。
具体的には「誘ってくれて嬉しいんだけど、その日は予定があるから◯日はどう?」というイメージ。
デートに誘われた時、二つ返事でYESと答えるよりはこのようにワンクッション置いた方が効果的なんです。
自分以外の予定もあるよな。まさか、他に良い人がいるのでは?と気にならせることができます。

一番効果的なのは秘密を作ること

秘密を作るというのは2つの意味があります。まずは、自分がミステリアスな人になるということ。
最初から自分のことをベラベラと喋ってしまうと「もう知りたいことはないや」と飽きられてしまいますので、なるべく秘密を残したままコミュニケーションを取るようにしましょう。
もう一つの意味は「二人の間で秘密を作る」ということです。
例えば、誰にも言えない秘密を打ち明けるなど。
相手からすると、自分にだけ特別に教えてくれたという優越感を感じることができますし、秘密を共有しているだけで特別感が出ます。
「二人だけの秘密だよ」という言葉も胸キュンなので、是非活用していきましょう。

まとめ

今回は人間の心理の一つである「カリギュラ効果」についてお話ししてきました。
禁止されると逆にしたくなる…これは恋愛に悪用すると危険なことになりそうです。
だからこそ「悪用禁止」として情報が出回っているのでしょう。
しかしこの「悪用禁止」という言葉こそ、そそられるものですよね。
身をもってカリギュラ効果の凄さを体感しました。
パパ活をする上でこうした人間心理も上手に活用し、相手を虜にしていきましょう。