話しかけられやすい男性になる方法 投稿日 by

交際クラブに登録している男性の中には、女性と遊ぶことに慣れている、いわゆる「モテる」男性も多くいますが、女性との交際が苦手という方も少なからずいらっしゃいます。
そのような男性の場合、実際セッティングが行われた時も、なかなか相手の女性に話しかけることができず、いい感じのデートにはなりづらいのが特徴です。

自分から話しかけるのが苦手であれば、相手の女性から話題を振ってもらったり、いろいろ話しかけてもらうのがいいでしょう。
必ずしも男性から話を始める必要はないのです。一般的に女性の方が日常会話の仕方は上手ですので、少しでも話しかけられやすい男性になって、会話が盛り上がるようにしてみてください。

愛想を良くする

これは男性に限らず、女性でも愛想のいい方というのは、周りから見ていても気持ちが良く、人柄が良さそうに見えます。
愛想のいい人というのは、いいオーラを醸し出していて、一緒にいたいなと自然と思わせます。
そのため、近くに人は集まりやすく、話題も自然と振られることになるでしょう。そうすれば会話が盛り上がるのは簡単ですし、その中から自分の話したいテーマを見つけて、会話を振ってみるのもいいかもしれません。
それぐらいであれば、そんなに難しいことではないので、一度試してみてください。何よりもきっかけは愛想よくすることです。

表情を豊かにしておく

これも愛想良くすることに関係しますが、笑顔に限らず、喜怒哀楽をできるだけ明確に表現することが大事です。
デートの途中で怒ることはあまりしないほうがいいと思いますので、「怒」の項目以外での表現を豊かにしてみてはいかがしょうか。
相手の女性から何か褒めてもらった場合、少しオーバー気味に喜んでみてください。
また会話を聞く際にも、うん、うんと楽しそうに聞いてあげるといいでしょう。
相手が何か辛い体験を話してくれた時には、一緒になって辛そうな表情で共感してあげてください。
少しの工夫でデート中の会話も簡単に盛り上げることができます。

話を聞く際のリアクションを良くする

話をしていてつまらないなと思う男性の特徴として、話を聞いている時の反応の悪さが関係してることが多くあります。
女性が何か共感してほしいなと思う話をしている時に、それを聞いている時のリアクションが、「うん」「そうなんだ」「へー」と言った最低限の感嘆詞だけの場合、話をしている側は「何かつまらないなぁ」と感じてしまいます。
そうではなく、「へーそれはすごいね!今度教えてよ!」「それ前から気になってたんだよね。もっと詳しく教えてくれない?」「すごい詳しいんだね!びっくりしちゃった!」といった感じで、少し大げさでもいいので、相手の会話に興味を持っている感じを表現してみることをお勧めします。
ただし、わざとらしさが出てしまっては元も子もないので、その辺りは練習が必要かもしれません。


いかがだったでしょうか。
少しでも話しかけられやすい男性になるためには、ちょっとしたポイントを押さえればそんなに難しくはありませんので、女性関係が苦手な男性の方は一度試してみてください。