銀座クリスタル倶楽部には、経済的に余裕があって社会的地位も高いハイクラスな男性会員様がたくさんいらっしゃいます。
一見、共通事項が多い会員様ではありますが、それぞれのプライベートを垣間見ますとやはりそこは十人十色。皆様、いろいろなご理由があって当倶楽部へのご入会を決意されたようです。
ご家庭もあって仕事も順風満帆な方は非日常を求めて、奥様と別れお子様も巣立っていった方は独身の頃にしていたような恋愛のときめきを求めて。これまで仕事一筋で頑張ってきた方は、ひょんな場所から交際クラブのことを知り、まずは女性との出会いを求めて半信半疑でお問い合わせくださる方など、本当にさまざまです。
ですが、なかには日ごろから女性との接点も多く、女性関係に関しては事足りているけれども仕事上なかなか簡単には口説けず、時間の効率化を求めて交際クラブにご入会をされる方もいらっしゃいます。
いわゆる、世間一般ではモテる男性です。モテることは一見有利に働くようにも見えますが、実は交際クラブ独特のシステムや内情をきちんとご理解いていないと、女性と会ってみたものはいいものの、良い時間を過ごせることが出来ずに終わってしまったなんてこともありえるのです。以下、詳しくお伝えして参ります。

女性慣れをアピールすると不信感を募らせてしまうかも

銀座クリスタル倶楽部に登録している女性は、皆さん素人の女性ばかりです。言い換えれば普通の学生さん、一般企業にお勤めのOLさんなど華やかな生活に憧れている女性がご登録に訪れます。普段から女性慣れをしている方の場合、日ごろは華やかな女性と接する機会が多かったりするようで、交際クラブでは、あえて清楚で控えめ、おとなしそうな女性に会いたいと希望する方が多いです。
ですが、そのような女性と実際に会った際に、「自分は普段から女性と接する機会が多い」「恋愛経験が豊富」「華やかな女性には飽きた」などといったことをサービストークのつもりで披露してしまうと、女性は危機感を抱き、敬遠されてしまうこともあります。
また「女性には苦労していない」「これまでモテてきた」といったことも、アピールのつもりで伝えたとしたなら逆効果です。なぜ私にオファーをしたのだろうと疑いの目を向けられてしまう可能性があります。

交際クラブでは女性側の気持ちを理解することが大切

交際クラブにご登録に来る女性の多くはサポートを求めていらっしゃいます。もちろん、感情や気持ちがあってのお付き合いにはなるのですが、前提としてはサポートが不可欠です。
ですから、仮にオファーをくれた男性が自分の好みであったとしてもあくまでパパとして自分をサポートしてくれるかどうかを判断します。モテる男性であってもお付き合いのお約束に対して価値観が違うのであれば、関係が深まることはありません。
ですから、もし交際クラブを介して意中の女性に出会えた場合は、モテるアピールよりも、どれだけ女性にサポートが出来るのか、女性側の気持ちを理解しようと努力できるのかをアピールする必要性がございます。
そのためには、これまでの女性経験ではなく年上男性としての懐の深さや洞察力が不可欠となるのです。

まとめ

 交際クラブには、いろんなお気持ちでご入会・ご登録をされる男女の方々がいらっしゃいます。ぜひともそちらを理解して、意中の女性と素敵な関係を深めていただきたいです。