デートクラブでせっかく知り合った二人が、その後どのような関係性へと発展していくのかは未知なるところでもあります。その場だけの割り切った関係になるのか、駆け引きばかりの打算的な関係になるのか、それともお互いを尊重しあい心安らぐお付き合いをするのかなど、全てはそのお二人次第です。
人には、生きてきただけのバックボーンがそれぞれにあり、それをいつどのようなタイミングで相手に話すのかが、男女関係において重要だったりもします。
出会ったばかりの初期のころに、パーソナルで重い話は相手にとっては受け止めきれず、結果、その後疎遠になってしまう可能性もあるのです。
以下、気を付けるべきポイントについてお伝えして参ります。

なぜ重すぎる話は簡単にしないほうが良いのか

自分の過去のすべてを受け入れてもらうことで安心を感じる人もいるでしょう。ですが、それを共有する際に適していないタイミングがあります。
まだ、お互いの仲がしっかりと深まっていない状況下でそれをしてしまうと、相手の女性を困らせてしまう可能性が出てきます。
これまでの仕事の失敗、人間関係、トラウマ、家庭での問題、生い立ちなどは話題の重さにつれて相手の気を引くことはできるかもしれませんが、その重さがかえって相手にとってはストレスと感じさせてしまうこともあるのです。
特に、交際クラブに登録に来る女性は若い方も多く、そういった女性は社会経験や人生経験が乏しいので、歳の離れた男性の重い話をどのように対処していいのかわからないことがほとんどでしょう。
もちろん、ただ聞いて欲しいだけの気持ちで何気なく話してしまうこともあるのでしょうが、聞く側の気持ちも忘れないことが賢明です。

どんよりとした空気になってしまうかも

自分の好きな人に弱い部分を見せて打ち明けるという行為は、相手の女性によっては頼られている証として嬉しいと感じる人もいるでしょう。
ですが、先述した通り、まだ仲が深まっていない時ではお互いの好みや性格を把握出来ていません。極力、ネガティブな話題は避けて楽しいと感じる空気感を作り上げる話題をする方が、今後の二人にとって良く作用するでしょう。
重すぎる話題を披露してどんよりしてしまった空気のあとに、明るくポジティブな話題に切り替えるのも至難の業となります。微妙な空気のままデートが終わることは避けて欲しいものです。

まとめ

デートクラブにおける男女関係においても、最初は自分よりも相手への気遣いが重要となってきます。自分が聞いて欲しい話よりも、相手側の気持ちになって配慮をすることが大切です。
信頼関係が構築し、お互いに良い関係性を築けているという認識があったその先で、抱えていた悩みやプライベート話を打ち明けた際には、きっとお相手の女性もしっかりと耳を傾けあなたの心にそっと寄り添ってくれることでしょう。