フィーリングが合うお付き合いとは 投稿日 by

交際クラブにご入会している男性と、ご登録している女性の双方が初対面で大切にしていることは「相手とフィーリングが合うかどうか」を見極めるということです。これは、良い関係性を継続していく上では非常に大きなポイントとなって参ります。重要だからこそ、お付き合いをする上での損得勘定や理屈を抜きにして、純粋に、感覚で合っているかの判断をするのは難しいと仰る会員様もいらっしゃいます。

では、お互いにフィーリングが合うかどうかは、一体どういった観点で判断できることなのでしょうか。

初めて目が合った時のインスピレーション

「目は口ほどに物を言う」ということわざがある通り、言葉にしなくても、目が合った時に相手へ感じた感情は意識せずとも伝わってしまったり、それとは逆に相手の反応も視線からストレートに伝わってくることがあります。
人間の第六感と呼ばれている直感は、相手を一目見ただけで「なんか良い」「好感が持てる」「仲良くなれそう」と感じることがあるのです。ですから、お待ち合わせ時間になっていざ女性にお会いした際に、目が合って先述した感情がフッと湧いてきた場合、フィーリングが合う可能性が高いのです。
ですが、自分ではフィーリングが合うと感じたとしても、相手が自分に対してどう思っているかの冷静な判断も必要となります。

あくまで、初めに目が合った時の感情はスタートでしかないことを心に留めておいてください。

二人の空間が自然で落ち着きがある

交際クラブでの初めてのデートは、まず二人で顔を合わせてお茶やお食事をするとことからスタートすることかと思います。その際のお二人の会話でも見極めることが可能です。
フィーリングが合う場合、意識せずともまず自然と会話が弾みます。また、会話のテンポが近しいので余計なストレスを感じません。たまにふとした沈黙があったとしても、気まずくならず意識することがないのです。
ほどよく感じていた緊張感が、気づいた時には和らいでいて、一緒に居る空間がとても自然で落ち着きのあるものに感じるのです。
フィーリングが合わないと、相手が話していても、目の前の相手に集中できず、心の中で全然違うことを考えてしまったりしてしまいます。

次の約束がスムーズ

初回のデートを終えた二人が次回の約束をする際に、どちらともあまり気乗りではなかったり、どちらか一方だけが会いたいを考えている場合は、社交辞令だけで終わったり「会えそうな日がわかったら連絡しますね」となってしまいます。
ですが、お互いにフィーリングがあった場合には、すぐに具体的なお約束と発展することになるでしょう。フィーリングが合う場合は、社交辞令も男女の駆け引きなどもなく、ごく自然と二人が同じような感覚で距離を縮めていくのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
運命的な出会いのほとんどは、意識せずともなぜかフィーリングが合う男女のもとに成り立っています。お写真や簡単なプロフィールだけでは決して計ることのできない二人のフィーリングを確かめるためにも、ぜひともまずは会ってみることから始めて、運命の出会いを見つけて下さいませ。

私たちスタッフが、真心こめてそのお手伝いをさせていただきます。