女性の変化についていこう 投稿日 by

女性の変化についていこう

交際クラブに登録する女性が変わってきている。
これは長年ご利用いただく男性会員様からお伺いすることもございますし、スタッフ自身も感じていることです。
昔は良かった・・・と良かったころに思いを馳せるのも悪いことではございませんが、変化を受け入れたほうが楽しめることがたくさんあるかもしれません。
ぜひ、前向きな思考で、交際クラブをご活用いただきたいと思っております。

以前の交際クラブの女性

以前の交際クラブの女性

交際クラブができた当初は、生活に苦労している女性、切実にサポートを望む女性が多かったように思います。
何かしらの理由で大学に行けなかった女性が、誰かの助けを借りて自分の夢を実現する。それを受ける男性も、女性の夢が実現するよう最大限サポートする。
もちろんお互いのことを大切に思い、誠意を持ってお付き合いする。これが多かった時代だと思います。
だからこそ、フィーリングが合えば長くお付き合いができたのではないでしょうか?
自分が可愛がってきた女性が、人生の節目に来たら、快く送り出す。時にはそんな父親的な役割まで果たした男性もいらっしゃいます。
もちろん女性側も、そこまでしてくださる男性を大切に思い、近い距離間で男性とお付き合いしていらっしゃいました。
このようなお付き合いが多くあった時代を懐かしむ男性会員様も少なくありません。

近年のご登録女性

今は交際クラブというワードだけでなく、パパ活という言葉もあり、昔よりも秘密クラブ的要素が少なくなってきたことから、深く思い悩むことなく交際クラブの門をたたいているように思います。
もちろん、交際クラブがどのようなものなのかを知らず、リッチな年上男性との楽しいデートで美味しい思いができるとだけ考えていらっしゃる女性がいることも事実です。
彼女たちは自分の将来を悲観していたり、親の代からの金銭問題や多額の奨学金に喘ぐような金銭的に緊迫している深刻な状況の女性ではありません。
だからこそ、刹那的なその場の時間を楽しむことができるという考え方もあるのではないでしょうか。
どうして登録したの?これは、初めてのデートで男性が女性との会話の糸口を掴むきっかけで聞くことが多い質問だと思います。
でもここで、上に述べたような重い話をされてしまっても・・・と感じてしまう男性は少なくないのではないでしょうか。
もちろん女性が何かしらの見返りを期待して登録していることは周知の事実ではありますが、あまりにも重い話では楽しむものも楽しめなくなってしまいそうです。

今は交際クラブを利用する男性側にも変化があり、昔の交際クラブ利用者よりもライトな感覚で利用することが多くなってきているように感じます。気軽に出会いを楽しめる、これが今の交際クラブの姿の一つなのです。

交際クラブには前述のようにライトな感覚での利用をお考えの方、以前のように頑張っている女性を助けながら親密なお付き合いをしたい方など、利用される男性にもいろいろな方がいらっしゃいます。

銀座クリスタル倶楽部では、どんな方にも楽しんでいただけるよう、イメージにとらわれずさまざまなタイプの女性にご登録いただいております。
お好みに合う女性のご提案も行っておりますので、ぜひ、お気軽にお問合せくださいませ。