心を通わせた後でも手を抜かない 投稿日 by

心を通わせた後でも怠ってはいけない

交際クラブでは、日々たくさんの男女が出会っています。きっかけは当倶楽部を通してですが、初回以降は自由交際となっております。男性側は、女性の写真とプロフィールを見てオファーをするため、少しの事前情報はありますが、当日、初対面の二人が手探りでお互いを知っていく作業は避けては通れません。
初対面の男女が出会ってから、良いお付き合いを続けて行くためにも、心理学的に男女の違いを理解していくことは大切であると言えます。

男性は付き合うまでに努力をする

男女関係において、交際前は、女性が「客」で男性が「レストランのシェフ」と例えるとわかりやすいでしょう。
男性は、客として招いた女性をもてなすために、一生懸命に頑張ります。客の好みを念入りに聞き、客が喜び、また来店して贔屓の店にしてもらえるように行動します。時として、客のためならばオープン前であっても店を開けるし、○○が食べたいと言えば高級食材も揃えるし、客が帰る頃に雨が降り出せば自宅までの送りサービスもつけることでしょう。
念願叶って、その客が自分を専属シェフとして認めてくれたとしたら=女性の気持ちを手に入れることが出来たとしたら。。。
男性はその結果に満足してしまい、段々と手を抜き始めてしまうようになるのです。
一方、客であった女性は、自分のためにこんなに頑張ってくれたシェフである男性に対して、どれだけ自分を大事に思ってくれているかを感じます。そのため、交際が始まった瞬間からどんどんと気持ちが高まっていくのです。
先述した通り、男性は、付き合った瞬間(意中の女性を手に入れた瞬間)から高まっていた気持ちが落ち着き、下降傾向を見せ始めるため、お互いの気持ちの温度に少しずつ差が出てきてしまうことがあります。

良好な関係を保つために意識すること

良好な関係を保つために意識すること

男性が、意中の女性と付き合う前にしていた頑張りと同等に、女性にし続けることが正解ではありません。
過度な頑張りは、自分自身に負担を与えますし、女性によってはその頑張りが当たり前だと勘違いをさせてしまう可能性もあります。
理想的な関係は、「客」と「シェフ」の例えからで言うと、「レストランでの同僚スタッフ」のように、お互いに相手に対して努力し、高め合うような関係になることです。まさにGive&Takeの関係です。
お互いに同じ方向を見ながら、お互いをフォローしあう関係こそが、どちらかだけに負担が偏らずに良好な関係をキープすることができるでしょう。男性は、「釣った魚に餌をやらない」と言うことわざで例えられることが多いですが、手に入れたからこそ、大切に愛情を持つ男性こそが、相手の女性からも感謝されるのです。
付き合う前に女性にしていた物のプレゼントやリップサービスから、思いやりと配慮と気遣いに変更して相手の女性に与えられたとしたら。女性の心は満たされ、結果、それは男性に返ってくることでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。男女間においては、恋愛のスタート時における気持ちの熱量や行動の仕方に違いがあるため、それを知識として蓄えておくことも大切です。ぜひ、それを活かして素敵な関係を築き上げて下さいね。