悲しいすれ違いに注意 投稿日 by

交際クラブに登録している女性の中には、悲しい経験をした人もいます。
経済力があり余裕のある生活をしている方は、いろいろなお誘いがあり、誘惑も多いので、どうしても女性について誤った認識をする方が出てくることもあるようです。
傲慢な態度になってしまうと、相手からお付き合い終了を突きつけられたり悲しい事態に結びついてしまうことがあります。
交際クラブで出会った女性と良い関係を作るためには、傲慢な態度や上から目線の態度では上手くいかないのです。
今回は女性がパパにされたらイヤだと思うことをご紹介していきます。

そういうことは望んでいないのに、体を求められる

よくあるのが「肉体的なことは望んでいない女性が男性から求められる」という点です。
肉体的な関係ではなく、あくまでも会ってお話しするだけ、お食事やお茶をするだけといった健全なデートの内容を希望しているのに、男性はそれ以上を望むというパターンです。
女性の中には関係が深まり、お互いの性格や性質がわかって来た時に「この人となら大丈夫」と意識が変わる人も出てくるかもしれません。
ですが、こういった気持ちになるまでは信頼関係を築くことが最優先になるので、男性が女性に対して安心感を与える行動が必要になります。
そのため、そういった関係を望むなら、まず最初からそういうことを臨まない姿勢でいるか、目的がマッチする相手を選ぶようにした方がいいでしょう。

割り切っているとはいえ、特殊な性癖には応対できない

次に、大人の関係になっても構わないという女性も、もちろん交際クラブには所属しています。
ですが、そういう女性でも対応できないこともあります。
たとえば性癖がかなり特殊な場合や、特殊なテクニックが必要な場合です。
特別な道具を使わないと満足できない、雰囲気が独特なものではないと楽しめない、というような人が当てはまるのです。
こういった人たちは、少なくともそういう条件を最初に明確にすることや相手の同意をもらうことを大切にしないといけません。
少なくとも、同意がない方へ強要するのは好ましくありません。
また、倫理道徳に反する、マナーに反するような楽しみ方をしたいという方にも、ついていけない女性が多いので気をつけましょう。

女性を見下したり侮辱をすることはダメです

よく女性たちから「いろいろサポートして貰っているからといって、あからさまに見下されることや侮辱されるのは許せない」というお声を聞くことがあります。
確かに彼女たちは男性から可愛がってもらい経済的なサポートをして貰っているかもしれません。でもそれは暴言を吐いて良いという免罪符にならないのです。
彼女との付き合いが物足りなくなった時や年齢が気になるようなら関係を終了させれば良いのです。
交際クラブでのご縁は、「いつでも終わることがある」というのが特徴です。
上手く縁を切ることが出来ずに嫌われようと女性を見下したり侮辱するようなことはしないでください。
もし、お付き合いをしている女性に対して不満や物足りなさを感じているのであれば、それを上から目線ではなくきちんと伝えるのも一つの手段です。
一度は好意を持った者同士のお付き合いなのですから、イヤな雰囲気や関係になるのは避けたいですよね。

普通とは違う恋愛とはいえ、交際クラブでの交流も出会いの一つであり、人間同士のお付き合いです。
当たり前ですが、お互いがまともな大人としての向き合い、なおかつお互いがしっかりとした大人としての交流を意識しましょう。