男性が勘違いしがちなワイルドさ 投稿日 by

男性の皆様は女性受けするワイルドさとはどんなものか、ご存知でしょうか?

たまにお話を聞くと女性が望むワイルドとは違う方向で頑張ってしまう方がいるようです。

悲しい勘違いを広げないためにも、今回は男性が間違えてしまいがちなワイルドさをご紹介していきます。

小銭をポケットに入れてじゃらつかせる

男性の多いのですが、財布に小銭を入れるのを面倒くさがりポケットに入れてしまう方がいます。

小銭をポケットに入れて歩くとじゃらじゃら音がしませんか?女性の中には、その音が煩わしいと感じたり、ワイルドではなくおおざっぱに見えてしまうので、男性に好感を抱きにくいです。

もしお財布に小銭を入れるのが面倒な方はデートの時はポケットに入れずに思い切って募金箱に入れるなり、デート中なら女性にあげても良いかもしれませんよ。

時間を守らず平然と遅刻する

時間を守らないというのはワイルドさとはまったく違います。たまに時間を守らないことが格好良いと思っている男性を見かけますが、全く格好良くありません。

逆に相手を待たせていること、迷惑を掛けていることを意識して欲しいくらいですね。女性側は細かいところまで男性を見ています。

ワイルドな男性が好きでも自分を粗末に扱う男性とは関わり合いになりたくないというのが女性の本音です。

ワイルドさとは、見た目から野性味が強く生命力やエネルギーが溢れていることを指しています。清潔感、礼儀やマナーは兼ね備えていている男性が先述したような素養を兼ね備えていると女性は雌としての本能が疼いて仕方なくなると思います。

もし、ルーズなことをワイルドだと思っているのであれば今日から意識を改めてみてください。

雨の日に傘を差さない

たまに出かけている途中で雨が降ってくると濡れることを気にしない方が居ます。

女性は大体の方が折りたたみ傘を持っているので、男性にも一緒に入るように促すかと思います。

ですが、男らしさを演出しようと思って、傘に入らない、濡れていることを気にしない体を装うことがありますが、あまり良くないです。

濡れた服や髪はせっかくの清潔感を損なってしまいますし、入るお店によっては敬遠されてしまう可能性があります。

傘を差さないことは男らしさに繋がりません。どちらかというとズボラな印象を

持たれてしまうことがあるので要注意です。

寝起きの髪そのままでデートに来る

ワイルドな人は寝癖を気にしないなんて思っていませんよね?

デートの日は勝負の時です。そんな日に髪をセットせずに寝起きの状態、それも寝癖を直さずに待ち合わせ場所に現れるなんてもっての外です。

髪をセットするということは清潔な装いをするという意味でもあります。

相手と楽しく過ごすための必要な儀式と思ってください。

ワイルドさがある男性は格好良くあることを常に意識していると思います。

身だしなみを整えるということは格好良くあるための最低限のマナーなのです。

あまり髪に気を遣っていなかった方は、改めてデートの時は髪が跳ねていないか、ボサボサになっていないかなど、ちゃんとチェックして行って下さいね。

いかがでしたでしょうか。

意外に自分がワイルドと思っていたことが違うものだったと感じている方もいるのではないでしょうか?

女性受けするワイルドさとは野性味溢れつつも礼儀やマナーなどはしっかりと兼ね備えている、きちんとした大人の男性のことを指すようです。

自分がどういうタイプの男性になりたいか、今一度、考えてみても良いかもしれません。