お金持ちで完璧なのにモテない男性 投稿日 by

世の中には社会的な成功を収め収入も安定して、豪邸を持ち、果てには別荘を構えているという素晴らしい人生を送っているVIPな男性が居ます。
そしてそうした成功者の男性が交際クラブに入会して女性との出会いを楽しんでいるのですが、中にはこれだけ素敵な条件が揃っているのに、まったく女性にモテない、関係が続かないと言われることがあります。
なんでも持っていて完璧そうな男性がなぜモテないのか、そこを今日はご紹介していきます。

警戒心やプライドが高すぎる

女性に話を聞くと成功者の男性は警戒心が強かったり、プライドがすごく高くて仲良くなりづらいと言われます。隙がないので圧倒される印象が出てしまうのでしょうか。
これは仲良くなりたいと願っている男性からすると損なお話ですよね。
最初のデートでは特に女性も緊張して会話が硬くなってしまったりします。お互いに話しながら緊張をほぐして、だんだんと会話の温度が上がっていくのが理想ですよね。
ですが、ガードが堅い男性はこの会話の温度が上がりづらいのかもしれません。仕事の立場上、守秘義務など多く抱えているため迂闊に話してしまわないように気を付けているのかもしれませんが、女性との会話で仕事の詳しい部分の話になることはまずありません。
そして個人情報を気にして、会話の内容に気を使ってしまう方は、そもそもなぜプライベートでの出会いを求めているのでしょうか。お互いに個人の時間を使っているので話題が自分自身のことやプライベートのことになるのは必然とも言えます。
そこまで固く考えずに、頭を柔らかくして気楽に話してみましょう。

寒いダジャレを使っていることに気づかない

上記とは別に陽気にお話しする方に多い傾向にあります。
とても気さくでノリが良いとも言えるのに、寒いダジャレや決めセリフが女性の何かを逆なでしていることもあるようです。場の空気を盛り上げようとして、笑わせる努力は素晴らしいですが、内容によっては滑りまくってしまい逆に場が凍り付いてしまう可能性が高いので要注意です。
もし女性を笑わせたいなと感じたら、まずは話に共感していくことをしてみましょう。「分かってくれるんだ」という思いが自然と女性のテンションを上げていくのです。

完璧主義者すぎて入り込めない

仕事ができる男性は生活ペースやリズムが完璧に整っていることが多いです。
そして、そういった男性の会話や生活の中には女性が入る隙間がないように感じます。なぜなら一人で完璧にこなして成立している世界に他人が入るのは嫌がられるのでは?と考えてしまうのです。
女性は手のかかる男性は嫌かもしれませんが、少し自分がフォローできるような余白が欲しいんですね。「もう仕方ないなぁ」という思いが親しみやすさを持たせます。
もし、日頃から鉄の掟の様にマイルールを持っている人や生活ペースを守っている方は女性の前では少し緩めることを覚えても良いかもしれません。
完璧すぎる故に女性を遠ざけてしまうなんて悲しいですね。

自分に完璧さを求めるのは素晴らしいことだと思いますが、女性と居る時はそのモードを解除して少しだけ腑抜けてみても良いのかもしれません。