20代女性に敬遠される中年男性 投稿日 by

いくつになっても男性にとって20代の若い女性とのデートはいつでも夢を見てしまうもの。
それが叶うのは交際クラブです。
リッチな男性と、夢見る若い女性がデートできる絶好の機会ではありますが、少なからず世代間ギャップが起こってしまうこともあります。
男性が『これをしたらモテるに違いない!』と思ってやっていた事も女性にとっては
『う~ん。。。違うなぁ。。。』という反応になってしまうこともあるかもしれません。
それではどんな男性の行動が、女性に敬遠されてしまうのでしょうか。
若い女性に対してのNG行動についてお伝えします。

わざわざ、若者言葉を使う

流行は常に回っています。
それに伴い、昔は使っていなかったような言葉を若い子が使うことはあるでしょう。
いくら若い子と話を合わせようとして、無理に覚えたばかりの若者言葉を使うと、相手も「若作りがんばってるな…」とは思って引いてしまいます。
ただの寒いおじさんだと思われてしまうこともあるので、無理に女性に合わせるようなことはせず、大人の正しい日本語できれいな言葉を話した方が、女性からの信頼感も得られるでしょう。

お説教してしまう

女性はせっかくのデートを楽しみたいという気持ちいることでしょう。
それも普段行けないような高級なレストランに連れて行ってもらえることを心待ちにしている女性は多いものです。
その時にお酒の勢いも相まってか、「君の考えは甘い!」などとお説教をしてしまう男性は女性から敬遠されてしまうでしょう。
デート相手は部下ではありません。多少の考えのズレがあったとしても、大らかに包み込むような大人の対応をしてくださいね。

人生経験と自慢話

女性から敬遠されてしまう会話第一位なのは「自慢話をする男性」です。
もちろん交際クラブをご利用の男性は地位も高く、成功している男性ばかりです。
ですが本当に余裕のある地位も高い人はアドバイスはしますが、自慢はしません。
「俺は若い時○○したぜ!」などの自慢話に女性はうんざりしてしまいますので、嫌われたくなければ控えましょう

付けすぎの香水

香りはもちろん大切です。
ほんのりと香るぐらいなら「この人身なりにも気を使ってくれて素敵!」と好感度も上がりますが付けすぎは禁物です!
加齢臭を隠そうと付けているかもしれませんが、香水やコロンを付けすぎると逆に「おじさん臭さ」がでてしまいます。
香水はほんのり香るくらいを心がけましょう。

以上のことに注意して20代の若い女性からも好かれるダンディな中年男性を目指してくださいね。